postheadericon 楽しい TNR ?

前回、前説が長くなって本題を忘れていました。






猫友 “ M 絵さん” のお宅での TNR・・・



当初お目当ては出産を繰り返しているという、



“ちーちゃん” でしたが・・・






2台の捕獲器に捕まったのは、



“ちーちゃん” の娘たちと思われる2ニャンでした。






今回は「どうぶつ基金」様の無料チケットが3枚あり、



月内に使い切らねば・・・



というミッションがありまして・・・






しかし、ちーちゃんたちが現れるのがあまりに遅く



よもや「空振り」かと心配され・・・



急きょ事務所の子を TNR しよう、と現場判断しました。



お手伝いくださったみとにゃんさんと途中から二手に分かれ、



“ M 絵さん” のお宅には2台の捕獲器を残して



事務所に向かっていただいたのです。



 



・・・・・なのに、



その直後ちーちゃんたちは姿を現し・・・



1台目の捕獲器のフタがバタン!と閉まって



2台目のフタも閉まって・・・



捕獲器のなかで娘たちがギャーギャー騒いでも・・・



ちーちゃん(↓)は「ごはんまだー?」って



催促していました。^^;






一方、事務所では突如 TNR となって



あっという間に捕獲されてしまったチャッポ君・・・






6月に TNR したサビ母さんが春先に産んだ子で



先月、不妊手術を終えて相棒サトミちゃんちの子になった、



サビコ(月子)ちゃんの兄弟です。






チャッポ君は・・・



やさぐれ男子の玉サマとグレオ君のために用意したチキンを



1日1切れもらうのが何よりの楽しみのようで・・・






ところが!



最近あろうことか玉サマのチキンを横取りしようと



玉サマの顔を叩いてツメを出し



目を負傷させるという暴挙を働きました。






玉サマは子猫のすることだからと怒りませんし、



チャッポ君にチキンを譲るようになり・・・



するとますますチャッポ君の暴挙はエスカレート・・・






玉サマ & グレオ君たち “老練の” やさぐれ組が



警戒マックスで今しばらくは捕獲できそうにないこともあり・・・



「チャッポ君を先に手術したほうがいいかも」と



皆で話し合っていたところでした。









・・・ちょっと間が悪いチャッポ君(↓↑)。。



捕獲器を仕掛けたわずか数分後にあっけなく “御用” ・・・



フタが閉まったのにも気づかず、



夢中で大好物のチキンにガッツいてたそうです。^^;






さすがに手術直後はショックを隠せない表情で・・・



しかし翌日にはチキンを催促に来ました~ ^^



 



なので、予定通り3ニャン手術できて



無料チケットを使い切ることができました。^^






TNR の考えが普及してきたこともあり



『さくらねこ動物病院』は予約が取りにくい盛況ぶりです。






藤田先生は早朝から休みなしで手術・・・



(なのでお迎えの時にお菓子を差し入れました~ )



ちーちゃんは予約が取れ次第 TNR します。






ちーちゃんの娘たち2ニャンは手術を終えて



ご不在の “ M 絵さん” の代わりに Y 子さんが見守るなか



無事にもとの場所に帰っていきました。






ご自分も猫を飼ってらっしゃるという Y 子さんは、



リリースを拍手で見送ってくださり



何度も「よかったわねー!」と笑顔でおっしゃるので



わたしもなんだか楽しくなっていました。



そして、「うちの庭にも野良猫が来るので TNR したい」と



お申し出をいただきました。^^






なーんとなーく、すこーしずつでも・・・



TNR が広がればいいですね。










  • まにゃ

    素敵です!!

    広がれ~TNRの輪♡

  • user

    TNRは自分が好きでやってることだから、

    せっかくやるなら笑顔を忘れないように…

    周囲の猫ボラ大先輩の皆様から教わったことを

    改めて大切にしたいと思いました。

コメントをどうぞ

はじめに
calendar
2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

◆ピン(♂)
福岡市の繁華街で行き倒れていました。実は、天使か福の神の化身。だってピンちゃんをギュッと抱きしめて願ったことは、すべて叶ったんですもの。(株)ミス・ブランチの永久名誉会長。享年12歳。


◆コペ(18歳・♂)
ピンちゃん亡き後のウチの長男。名前を呼ぶとシッポを立
てて「ニャーン」と返事をして飛んできます。前世は忠犬だったと思われる可愛いヤツです。


◆しまじろう(6歳・♂)
線路のそばで飢えて弱ってい
たところを保護され、2009年10月にウチの子に。過酷な野良子猫時代を送ったせいで歯肉炎の持病があるものの、食欲旺盛、元気いっぱい。最近甘え上手になってきました。


◆リリー(6歳半・♀)
しまじろう君とほぼ同時に迎えたママ大好きっ子。ママが他の子をちょっとかまうのも我慢できず、大声で鳴いて抗議します。嫉妬深いところも可愛いお姫様です。


◆ルネ吉かつお(6歳半・♂)
岩手県ニャン。盛岡市の繁華街でお腹を空かせて行き倒れているところを「プチポンもりおか」のサヴァさんに救出され、縁あって2010年春、九州・福岡へ。ピンちゃんそっくりの容姿&性格で癒してくれる天使です。


◆ファミ(3歳・♀)
あの3.11以降、福島原発被災動物シェルター『にゃんだーガード』へボランティアに行って出会った、ピンそっくりの女の子。人見知り全然なし! どんな人にもイチコロでなついて甘えるモンスター級アイドル猫です。


◆金太呂(3歳・♂)
2013年4月16日の深夜、交通事故に遭って道に倒れているところを友人のイラストレーター・HAKOちゃんに助けてもらいました。どんな人にも初対面でスリスリべたべた、我が家で1、2を争うストーカーさんです。


◆ピカリ(6歳半・♂)
2013年9月、飢えてガリガリに痩せ、ひどく弱っているところを保護しました。虐待のトラウマがあり、人が棒のようなものを持っているだけで怯えます。少しずつ心身を癒し、随分 “まあるく” なっています。


◆富來(2歳・♂)
2014年12月、『どうぶつ基金』さんによって一斉TNRを行った北九州市の馬島で出会いました。手術で耳先カットされた “さくらねこ” ですが、本ニャンの強い希望により? ウチの子に迎えたストーカーさんです。