postheadericon TNR、かろうじて。。。

12月9、10日・・・



“M絵さん” の外猫さんのTNRは失敗しましたが、



事務所では実施できました。






この春先に生まれた黒猫の修造クンです。






もともと最初に見かけた黒猫さんは、



シュバルツ(ドイツ語で “黒” )ことシューちゃん。




その後シューちゃんもどき?



(最初は同一にゃんだと思っていた・・・)



の、シューちゃんの兄弟と思われるシューモ君が現れ・・・






この春生まれた子猫は3ニャン・・・



相棒サトミちゃんちの子になったサビコ改め月子ちゃんや、



先日TNRした茶トラのチャッポ君・・・






そして黒子猫は、最初「コシュ」と呼んでいました。



(小さいシューちゃんだから・・・)






でもこのコシュちゃん男の子であることがわかり・・・



挨拶代わりに「シャア!」って言うし、



ヒトを押しのけてズンズン前に出るキャラのようなので



シューゾーこと修造クンに改名したのでした。^^;






わたしが修造クンのTNRでドタバタしてる時に



小さな命が消えていたそうです。



マホちゃんが「はなちゃん」と名付けて



(はなみずき通りで亡くなっていましたから・・・)



相棒サトミちゃんと二人で見送ってくれました。






(血がいっぱい出てたので棺の写真を載せました。)



亡骸の写真を載せる理由は1つです。



例え自己満足と言われても “出会ってしまった” からには、



この子の生きた証しを立てたい・・・



それだけです。



(どうかお許しください。m(__)m )






修造クン、よくがんばってくれました。^^






車中では気配を消して “かたまったまま” シ~ン・・・






ちょっと可哀想でしたが・・・



無事に手術を終えてママや兄弟のもとへ帰っていきました。






全員無事です。








  • まにゃ

    修造くん無事に手術終わってよかったです。

    そして、はなちゃんを送ってくれてありがとうございます。

    小さな命の火が消えるのを見るのはいつだってやりきれない思いが残りますが、その命が生きていたことをほんの少しでも残してあげることができたのなら、それは、次へのステップになると信じます。

    忙しい中、ブランチさんはじめ事務所の皆さんや、猫友さんたちががんばってくれているのが、私の励みにもなってます。

    本当にいつも、ありがとうございます。

  • user

    まにゃさん

    こちらこそ、ありがとうございます!

    たいよう君やひまわりちゃん、

    日に日に元気になっていく姿にはげまされます。

    わたしたちも…できることをコツコツと

    続けていきたいと思います。^ – ^

  • 産まれてきてくれたのですから、愛されるぬくもりを知ってもらえるよう努めたいです。

    私は皆さんほどの行動はできていないかもしれませんが、微力であれ出来る事をしていきたいです。

  • user

    画伯…

    「できることをできる範囲で続けていく」

    それしかないとわたしも思います。

    力を貸してくれる仲間が少しでも増えるように

    押し付けないように、決めつけないように

    小さな命の尊さを伝えたいです。

  • 再びの投稿になりますので非公開でも結構ですm(__)m

    私もうちの2匹も自分で保護した猫ですし、こちらの地域で出来る事しかできません。

    ただ、遠隔でも協力しあえる事がある場合は、出来る事でしたら何なりと協力しますねm(__)m

  • user

    画伯!

    ありがとうございます。

    たとえ物理的に離れていようとも、

    気持ち通じる仲間は心強い!

    もの言えぬ弱い命を守るために

    力合わせて行けたらうれしいです!!

    ありがとうございます!

コメントをどうぞ

はじめに
calendar
2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

◆ピン(♂)
福岡市の繁華街で行き倒れていました。実は、天使か福の神の化身。だってピンちゃんをギュッと抱きしめて願ったことは、すべて叶ったんですもの。(株)ミス・ブランチの永久名誉会長。享年12歳。


◆コペ(18歳・♂)
ピンちゃん亡き後のウチの長男。名前を呼ぶとシッポを立
てて「ニャーン」と返事をして飛んできます。前世は忠犬だったと思われる可愛いヤツです。


◆しまじろう(6歳・♂)
線路のそばで飢えて弱ってい
たところを保護され、2009年10月にウチの子に。過酷な野良子猫時代を送ったせいで歯肉炎の持病があるものの、食欲旺盛、元気いっぱい。最近甘え上手になってきました。


◆リリー(6歳半・♀)
しまじろう君とほぼ同時に迎えたママ大好きっ子。ママが他の子をちょっとかまうのも我慢できず、大声で鳴いて抗議します。嫉妬深いところも可愛いお姫様です。


◆ルネ吉かつお(6歳半・♂)
岩手県ニャン。盛岡市の繁華街でお腹を空かせて行き倒れているところを「プチポンもりおか」のサヴァさんに救出され、縁あって2010年春、九州・福岡へ。ピンちゃんそっくりの容姿&性格で癒してくれる天使です。


◆ファミ(3歳・♀)
あの3.11以降、福島原発被災動物シェルター『にゃんだーガード』へボランティアに行って出会った、ピンそっくりの女の子。人見知り全然なし! どんな人にもイチコロでなついて甘えるモンスター級アイドル猫です。


◆金太呂(3歳・♂)
2013年4月16日の深夜、交通事故に遭って道に倒れているところを友人のイラストレーター・HAKOちゃんに助けてもらいました。どんな人にも初対面でスリスリべたべた、我が家で1、2を争うストーカーさんです。


◆ピカリ(6歳半・♂)
2013年9月、飢えてガリガリに痩せ、ひどく弱っているところを保護しました。虐待のトラウマがあり、人が棒のようなものを持っているだけで怯えます。少しずつ心身を癒し、随分 “まあるく” なっています。


◆富來(2歳・♂)
2014年12月、『どうぶつ基金』さんによって一斉TNRを行った北九州市の馬島で出会いました。手術で耳先カットされた “さくらねこ” ですが、本ニャンの強い希望により? ウチの子に迎えたストーカーさんです。