postheadericon 「ビュールレ・コレクション」

いま九州国立博物館でやっています。



「これでもか!」ってくらい印象派の名画が集まってて圧巻!



久々に鳥肌の感動でした。






九州国立博物館は太宰府市にあります。



子どもの頃から通いなれた太宰府天満宮からすぐの、



たまに行って癒される場所なんです。



菖蒲がたくさん咲いてとてもきれいでしたよ〜!









今回ビュールレ・コレクションは面白い試みがあって



写真撮影OKという作品が2点ありました。












溜息が出るほど美しい、クロード・モネ初期の睡蓮です。






これはゴッホの「花咲くマロニエの枝」という作品です。



(絵はがきです〜)



左側が切れている構図がいかにも “変人” ゴッホらしくて



静物画なのでせいぜいモチーフの2〜3倍の大きさと思っていました。



でもこれモチーフの100倍以上はあろうかという大きさで・・・






「いったいゴッホの感性どうなってるんだ !? 」って



驚いたり、感動したり。




素晴らしいもの、美しいものに見入って



心にたくさん栄養もらいました。






「素晴らしいなあ」「美しいなあ」



「嬉しいなあ」「楽しいなあ」あるいは「愛しいなあ」



そういう「善い」感情が、



「マインドフルネス=願望実現」の鍵だそう。



おかげ様で幸せです〜! ^^
  • まにゃ

    ステキですね~(*’▽’)

    モネは私も好きです。

    ゴッホはパワフルでキライじゃないですが、破天荒さの中にある負のイメージが気を付けないと巻き込まれる感じ?

    同じパワフル系ならば、岡本太郎はどこか突き抜けた陽のパワーがあるので川崎の岡本太郎記念館に行くと元気になりますw

    芸術作品って、多かれ少なかれパワーを持つものなので、その時の体調や気持ちの変化で選んで見に行くのもありかなと思ってます。

    モネ・・・癒されそうでいいですね(*’▽’)

  • user

    まにゃさん、ほんと至福でした。^^

    セザンヌ、ルノアール、ゴーギャン etc.

    岡本太郎さんも素敵ですね〜

    アニマルコミュニケーションで川崎に通っているので

    ぜひ行ってみたいと思います。

    情報ありがとうございます〜!

  • まにゃ

    おお、それはぜひご一緒したい(*’▽’) 私も暫く行ってないので(・∀・)

  • 酒井

    自分の感性に合わせて眺めるという視点だとルノアールも好きですが、自分でもこんな方向性の描き方するかもという、もしもという前提ですが自分を投影するとフェルメールも好きです。

    そして、見すぎると自分の作風もそちらに寄ってしまうかもと思いつつも、「好き」を何でも柔軟に取り入れて自分の血肉にしたいという欲もありつつ、、、

    美術館などは、他人様の作品を見ているようでいて、実は自分を見つめ直しているような気持ちにいつもなります。

  • user

    まにゃさん、ぜひ!

    川崎に行く時はご連絡させていただきます〜♪

  • user

    画伯、いろんな感じ方がありますね。

    月並みかもしれませんが

    わたしはシャガールが大好きで。^^

    作品の前に立つと横にカンバスに向かう作者がいるような、、

    妄想にかられることもあります。

    奥様を亡くされた後の作品は悲しいけれど

    “愛” そのもののように感じられて

    心の奥底があったか〜くなる気がします。

  • みとま

    お久しぶりです、お仕事ばかりしてませんか? 太宰府天満宮ですが、ご承知かもしれませんが、ここにも野良猫と餌やりさんがいて、一時は処分という話もあったのですが、木本さんたちがうごいてくれて、80%20匹くらいはTNRされました。さて、今度の日曜日、6月17日 14時から 糸島市の龍谷寺に山内議員がこられます、今、国会ではどんなことになってるか、山内さんはとてもわかりやすく、お話されます、こちらの質問(動物愛護についても、適切な助言をいただきました)とても、親しみやすく、それでいて、きちんとした信念のもと行動されています。よかった、ぜひ来ませんか、話をきいて絶対、来てよかったと思われると確信します。くれぐれも、猫のためにも、あまり無理されないように。https://www.crossroadfukuoka.jp/event/?mode=detail&isSpot=1&id=4000000000271

  • user

    みとまさん、こんにちは。

    山内議員のことはよく存じておりましたが、

    今週の会のことは知りませんでした。

    情報ありがとうございます。

    日時調整して参加できたらと思います。

    山内議員は立憲民主党の県連発足時や、

    5月18日の立憲アカデミーにも

    枝野代表とともに壇上にいらっしゃって

    時々ブログなども拝見して

    政治家としてのみならず人として尊敬しています!

コメントをどうぞ

はじめに
calendar
2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

◆ピン(♂)
福岡市の繁華街で行き倒れていました。実は、天使か福の神の化身。だってピンちゃんをギュッと抱きしめて願ったことは、すべて叶ったんですもの。(株)ミス・ブランチの永久名誉会長。享年12歳。


◆コペ(18歳・♂)
ピンちゃん亡き後のウチの長男。名前を呼ぶとシッポを立
てて「ニャーン」と返事をして飛んできます。前世は忠犬だったと思われる可愛いヤツです。


◆しまじろう(6歳・♂)
線路のそばで飢えて弱ってい
たところを保護され、2009年10月にウチの子に。過酷な野良子猫時代を送ったせいで歯肉炎の持病があるものの、食欲旺盛、元気いっぱい。最近甘え上手になってきました。


◆リリー(6歳半・♀)
しまじろう君とほぼ同時に迎えたママ大好きっ子。ママが他の子をちょっとかまうのも我慢できず、大声で鳴いて抗議します。嫉妬深いところも可愛いお姫様です。


◆ルネ吉かつお(6歳半・♂)
岩手県ニャン。盛岡市の繁華街でお腹を空かせて行き倒れているところを「プチポンもりおか」のサヴァさんに救出され、縁あって2010年春、九州・福岡へ。ピンちゃんそっくりの容姿&性格で癒してくれる天使です。


◆ファミ(3歳・♀)
あの3.11以降、福島原発被災動物シェルター『にゃんだーガード』へボランティアに行って出会った、ピンそっくりの女の子。人見知り全然なし! どんな人にもイチコロでなついて甘えるモンスター級アイドル猫です。


◆金太呂(3歳・♂)
2013年4月16日の深夜、交通事故に遭って道に倒れているところを友人のイラストレーター・HAKOちゃんに助けてもらいました。どんな人にも初対面でスリスリべたべた、我が家で1、2を争うストーカーさんです。


◆ピカリ(6歳半・♂)
2013年9月、飢えてガリガリに痩せ、ひどく弱っているところを保護しました。虐待のトラウマがあり、人が棒のようなものを持っているだけで怯えます。少しずつ心身を癒し、随分 “まあるく” なっています。


◆富來(2歳・♂)
2014年12月、『どうぶつ基金』さんによって一斉TNRを行った北九州市の馬島で出会いました。手術で耳先カットされた “さくらねこ” ですが、本ニャンの強い希望により? ウチの子に迎えたストーカーさんです。