カテゴリ:アニマルコミュニケーション の記事

postheadericon What a wonderful world ♪

高江洲薫先生の上級ヒーリングコースは、




毎月2回以上も神奈川へ通うという、超・ハードさで




どうなることかと思ったけど・・・




この度、無事に卒業することができました。^^







ピッカピカの修了証書です~!







注:ヒーラーの実力を保証するものではございません。








でーもー、、




卒業できるかどうかは出席日数だけじゃなくて




「エネルギーの状態で判断する」と




敬愛する高江洲先生がおっしゃってくださったのだから、、




前向きに捉えよう、と思います。




(自分を信じ、自分を愛し、自己肯定しまーす!)




ただ、高江洲先生のお話では、




「1つの山頂で修業を終えるのではなく生涯精進しなさい」




とのことですので、大切に心に刻み努めます。




毎朝のエネルギーワーク(瞑想)や日の出を仰ぐ習慣は、




これからもずっと続けるつもりです。




朝、きれいな日の出を拝んで




エネルギーワーク(瞑想)も気持ちよくできた日は、




「めざましジャンケン」百発百中~^^




しかも、なーんと!




この冬は1度も風邪をひきませんでした。




心身が健康になるのも間違いないです。




アニマルコミュニケーションやヒーリングを学んで




動物さんたちの素晴らしさを深く知ることは、




より善くしあわせに生きていく知恵を授かることと同じ〜 ♪




学んで、本当によかったと思います。




この数カ月は、




大学受験の時以上にがんばった感や達成感があって




「こうなりたい」自分に向かって




ちゃんと前進している感覚が気持ちよかった。




高江洲薫先生のアニマルコミュニケーションやヒーリング、




おすすめです。^^




postheadericon うちの子にかぎって・・・

少し前のこと、




サクラの花が見頃の春真っ盛り・・・




2週間くらいトンビさんが姿を見せませんでした。




営巣とか子育ての都合とか?




・・・と勝手な想像をしていたら、、





「お花見会場でトンビがバーベキュー強奪」みたいな記事が




SNSに散見・・・




「まさか、うちの子にかぎって・・・」なんて思ってしまった。^^;




(うちの子かよ?)




それにしても、、バーベキューのお肉?




うちじゃもっぱら食パンだけど




そもそもトンビさんの好物って何なんだろう???




試しに昨日ちくわと食パンを置いておいたら、




ちくわ持ってった。。。




調べてみたら雑食・・・だけど、穀類よりは肉食・・・




身近な花や木の名前とか、生きものの生態とか、




もっとちゃんと勉強したいな、と思った出来事でした。




いつも大博通りでコミュニケーションするハートツリーも




植物としてのちゃんとした名前は知らない・・・




それにしても!




近頃ちゃんと前見てないヒト多い。。。




スマホばっか見て・・・




前見てるこっちがぶつからないように右へ左へよけないと・・・




でもそれ、ヒトが多い時はワザが要ります。




福岡のマナーが特別悪いのかな?




先週3回も目の前で押されて倒れたヒト助けました。。。





こちらは倒れている猫・・・




というか、リビングに落ちてたピカリさん。。




(可愛い〜♡)




すべての生命がしあわせになりますように。




この世が平安で満たされますように。





postheadericon 自由で美しいトンビさんに♡

あ〜っというまに3月半ば・・・><;





相変わらずジタバタ、ドタバタしているのですが、





以前とはちょっと違っています。










毎朝、日の出を仰いで瞑想をして始まる1日は、





とっても気持ちがいいです。





「ヨガ」とか始めてみようかな、、なんちゃって〜^^










いつものように朝、屋上で日の出を待っている時に





とっても素敵なことが起こりました。










遠くで「ピ〜ヒャララ・・・」という声が聞こえ、





空にトンビさんが羽ばたくのが見えて





「なんて自由で美しいんだろう」とうっとり見惚れていたら





旋回しながらどんどん近づいてきて・・・!?





2メートルも離れていないところにとまって、





羽を広げて美しい姿をゆっくり見せてくれました。










(アニマルコミュニケーションを学んだ成果かも♪)










それから家へ戻ってベランダへ出たら、





たぶんさっきのトンビさんがやってきて・・・!?










とっさにあげた食パン、受け取ってくれました♡





それからトンビさんと仲良し(たぶん一方的に。。^^;)










昨日も、今日も、





なんだか久々にときめいてるかも〜





自由で美しいトンビさんに♡

postheadericon 街路樹とも仲良し♡

ああぁ〜っという間に



10月が半分終わっていました。。。



すっかり秋です。






色々やりたいこととか、やりたいこととか、やりたいこととか・・・



いっぱいあって、、^^;



パタパタしているけれども充実しています。



もう、アニマルコミュニケーションが面白くて楽しくて



ハッピーすぎる今日この頃なのです。






動物さんだけじゃなくて



自然界ぜんたいの声に耳をかたむける毎日のなかでは、



キラキラした素敵なものをたくさん見つけます。






美術館に行って絵画を鑑賞している時も



パワーをもらえる絵と、なんとなく避けたくなる絵と・・・



エネルギー(オーラ)が見えて面白いです。^^






いつも博多駅方面に歩く時に



挨拶したり励ましてもらったりする街路樹があって



いつもこの木のそばを通る時、



すごく優しい気持ちになってチカラが湧いてくるようで



わたしにとってのパワースポット(ツリー)。






そんなわけなのであらためて



「この木なんの木?」(気になる木〜♪)なんて思って



調べるつもりで写真を撮ったんです。



葉っぱのかたち、枝ぶり、ぜんたいのすがた・・・






なんと! きれいなハートのかたちをしていました。






すべての生命が幸せになりますように。

postheadericon 愛子さんより初女さんがいい。

すんごい悩んで迷って




アニマルコミュニケーション上級クラスに進むことにしました。




昨日は初回の講義でした。









講義の中で出てきた方の本などは、




必ず読むことにしています。




日本のマザーテレサと呼ばれた佐藤初女さんの、




「限りなく透明に凛として生きる」




心が洗われるような言葉の数々が紡いであります。




彼女の信条は、




「耐え難きを耐え、許し難きを許す母性」









高い高い高い、そして清い目標~!









同時期に「これ面白いよ」って




母が佐藤愛子さんのエッセイを貸してくれた。




いや~、ほんと面白い!




老いを自虐的に笑い飛ばしたり、




世の中に向かって毒づいたりする小気味よさ・・・









すすめてくれた母には悪いけど、




「母が好みそうな内容だな」と思った。。。




そして、そんな母が産み育てたわたし・・・




初女さんへの道は遠い。。。^^;




いやいやいや、がんばるんだよーん、、









動物の声なき声を聴くって、魔法みたいなチカラ~




でもこれみんな持ってたんです。




3歳くらいまでに失くしてしまうようだけど・・・









魔法のチカラを取り戻す(修業?)には、




赤ちゃんみたいな純粋性と幸福感に包まれること。




毎日を丁寧に暮らすこと。




敵は「悪口・タバコ・レンジでチン」




(悪口は思うのもダメなんだって・・・)









高江州先生の言葉を信じて




去年から1年、3悪をできるだけ遠ざける暮らしを




これでもけっこう心がけてきた。。




(たまに?ダメだったけど・・・)




瞑想が朝の習慣になってから、




瞑想の前に部屋が散らかってるのが気になるようになって




こまめに片付けたり、掃除したり。




(あたりまえのことかもしれないけど・・・^^;)




ちゃんと生きてる、そんな感じ。




体調もよくなって毎日心地よくおすすめです。









少し手応えを感じられるようになり、




かなり面白くなってきたアニマルコミュニケーション・・・




もっともっと成長したいです。

postheadericon ごめんね、レンジさん。

アニマルコミュニケーションを学び始めて



いかにメンタルの波動(エネルギーの質)が大切かを知り、



生活習慣も改善しました。



プラスの波動=希望、喜び、ワクワク、幸福感などなど



マイナスの波動=怒り、憎しみ、恨み、妬み・・・



感情(オーラ)を清め整えることを心がけています。






でもこれ、感情に限ったものじゃなくて



もっともっと恐いものがあるって知ってビックリ!



・・・それは、「電磁波」



活性酸素を発生させて細胞を酸化(サビ)させる悪者ですが、



エネルギー波動やオーラにとっても最悪なんだそう。。



だから、、電子レンジや電磁調理器の使用も控えるようにと



教わっています。






高江洲先生だけじゃなくマインドフルネスの先生も



同じことをおっしゃっていたし、



電子レンジや電磁調理器に否定的なヨガの先生も珍しくないし・・・



あるヒーラーの先生は、



レンジや電磁調理したものを「死んだ食べもの」と



おっしゃっていました。。



たぶん、、体の栄養にはなっても



スピリチュアルな波動やオーラにとっては「害悪」でしかない、



きれいな光をどんより曇らせてしまう・・・



そんな感じなのでしょうね。。。



できるだけ使わないほうがいいんだな、、



と思っています。






光かがやく美しいオーラを整えるために



つねに心を愛と優しさ、希望で満たすのはもちろん、



生活習慣が大事なんだそうです。



逆に、オーラを汚す近道は「タバコ・悪口・レンジでチン」



高江洲先生が冗談まじりにおっしゃっていました。^^;






大好物のトンソク・・・^^;



(つねに冷凍庫にストックしてます。。)



深めのフライパンにフタをして



弱火で蒸し焼きにしたらレンジより美味しいかも♡



(翌朝お肌ぷるぷるですよ〜)



体のためだけじゃなくオーラのために



食べものや食べ方を気遣うようになりました。






レンジさんには申し訳ないけど・・・



蒸し器を買おうと検討しています。



postheadericon きっとできる!

昨年9月からアニマルコミュニケーションを学び始め、



しかし直後の10月に愛猫しまじろう君が旅立ち・・・



もともとしまちゃんの望むケアをしてあげたいと思ったことが



アニマルコミュニケーションのきっかけだったので



モチベーション撃沈でした。。。






それから年が明けて高江洲先生に過去世を視てもらう頃までは、



授業にも全然身が入らず・・・



決して良い生徒とは言えない状況で。。。






そんなある日、1月か2月の寒い日の授業で



いつものようにグランディングという瞑想法をやった後で



キンキンに冷えた手足の先が、



一瞬のうちにぽかぽか温まっていくのを感じました。



その晩は先生の言いつけを守ってグランディング後に就寝して



翌朝は肩こりがすっきりでした。



先生の言葉を聞きながらも心のどこかに



「わたしにできるようになるのか」という不安な気持ち、



= 自身の可能性を疑う気持ちがあったのでしょう。



グランディングの効果を身を持って知り、



ようやくエンジンがかかり始めたのでした。






アニマルコミュニケーションでは、



グランディングで自身のオーラを整え



エネルギー波動を清め高めて



動物さんとハートでコミュニケーションするので



グランディングは基本なのです。



(最近ではヒラニヤガルバなども学んでいます。)






不思議なことに朝グランディングをやると



「めざましテレビ」のめざましジャンケンで負けません。



目を閉じると色が見えるので



その色のボタンを押せば勝つんです。



色は、はっきり見える時とそうでもない時があって



後者の場合は負けることもあるのですが・・・



かなり高い勝率になっています。^^






そんなある日、空耳かもしれないですが・・・^^;



いつものように夜リビングで寝落ちしかけていたら、



聞こえたんですよね。



「お母さん、またこんなところで寝て」って。。。?



ハッとして顔を上げると



ファミちゃんは丸くなって寝ていたけど



あとの3ニャン、ピカリ・宝・ルネはガン見していて。。。?



きっと誰かが言ったのを感じたと思っています。



  
高江洲先生もある日突然、



動物さんたちの声が聞こるようになったとおっしゃっているので



なんだか俄然ヤル気になっています。






マインドフルネスは、



今ここにいることに幸せを感じてリラックスし、



「どうせ自分なんかにできっこない」という



自己を否定するメンタル(感情)を手放すことから始まります。



そこから「きっとできる」という確信が生まれ、



信じて微塵も疑わないメンタルが高まれば高まるほど



願望したことは叶いやすくなるそうです。






実は、「助けたい」「救いたい」という感情も



マイナスの波動を持っているらしく・・・



そういうマイナス波動が「救わなければならない存在」を



あえてつくってしまうことがあるそうです。



しまちゃんを救いたい・・・じゃなく、



共に幸せになることを願い笑顔で暮らすことが



しまちゃんの願いでもあったんですね。。






最近、猫友さんの引越をお手伝いした時には、



飼い主さん意外には気難しい猫さんがでてきてくれて



スリスリしてくれたうえに触らせてくれて



飼い主さんもビックリでした。^^









猫友さんの広いベランダに設置された



猫さん用のサンルームです。






気難しい野良猫さんとも話ができたらいいなあ、



お互いの幸せのために・・・



「きっとできるようになる!」



希望が湧いてきています。









相手の幸せを願い共に幸せになることを願うことで叶う、



マインドフルネスは量子物理学でも実証された



科学的な学問でもあります。



高江洲薫先生のアニマルコミュニケーションに出会えたことに感謝し、



幸せを感じています。






しまちゃんの月命日に。



postheadericon “幸せ体質” づくり。

ダイエットを始めて



あちこちよく歩くようになったのと



アニマルコミュニケーションや看取り学などで



マインドフルネスを学ぶようになってから、



幸福感が高まっています。






自炊することも多くなって



野菜を新鮮なうちに食べきるやりくりも



できるように・・・



(以前はすぐダメにしてた。。。)



あ、ニンジンは意外とGI値が高いのでご用心です〜






玄米です。



最新の炊飯器は優秀で白米みたいにもちもち!



玄米が苦手な人にもおすすめです。









自宅から博多駅まで歩いた出張の朝、



福岡空港の海鮮食事処「しらすくじら」にて



美味しい朝ごはん ♪






東京に出張するといつも



移動で軽く2万歩くらいは歩くことになるので・・・



(東京のヒトは大変ねっていつも思う〜)






夜は特大ビールと焼き鳥〜



(筋肉を守る糖質とタンパク質です〜 ^^;)






コピーライターの修業時代に



「早メシ早グソ芸のウチ」なんて叩き込まれましたが・・・



よくかんでゆっくり味わって食べることで



たくさん食べなくてもちゃんと満足できるようになりました。




“いのち” を供してくれた食べ物のためにも



ゆっくり味わってムダにしないで残さず食べるって



大切ですね。






ある日の天神地下街のカフェ朝食♡



幸せです。






ことあるごとに感謝して



幸せ感じまくる “幸せ体質” になっていくと



プラスのメンタル(感情)が鍛えられて



何か不測の事態や理不尽な目に遭ったとしても



「このことはこの先きっと良いことに変わる」と確信できて



宇宙(神様)から予期せぬご褒美を受け取ることになると



マインドフルネスでは教えられます。



コツは不測の事態や理不尽な目に遭った時に



これ以上マイナスの事態を引き寄せないようにお祓いするつもりで



マイナスのメンタルを手放すことだそうです。



なかなか難しいけど、実践中です。^^



postheadericon 「看取り士」になりました。〜 長文です

「死は忌み嫌うべきものではない」





最初お会いした時は、





不思議なことを言うなあ、と思いながら・・・





引き込まれていった、 柴田久美子 先生が提唱している、





「死」を看取る世界・・・










初級・中級の講座の後で 5日間の「胎内体感」を受けて





「看取り士」の資格を取得しました。





(資格を取ったというだけで実働はしていません。)










現在「看取り士」の資格を持つ人は、





全国に 300 人ほどいるそうです。





始まりは、路上で死んでいく貧しい人を





「看取りの家」をつくって手厚く看護した マザー・テレサ の思想・・・





人生の 99 % がつらかったとしても最期 1% が幸せなら、





その人生は無意味ではなかった、





幸せだったのだ、とするマザー・テレサの「慈悲」深い思想と行動です。










「看取り」とは、





「いのちのバトン」の受け渡し。





人は亡くなる時に





「 25 m プール」 529 杯分の水を瞬時に沸かすほどの





絶大なるエネルギーを放出するのだとか。





(瀬戸内寂聴先生・談)





「抱いて看取る」ということは、





その絶大なエネルギーを受け取りながら





最期の時を、





旅立つ人とともに過ごして





「残される者」として





これから生きていく支え(エネルギー)とすること。










わたしは8歳の時に





目の前で子猫が車にひかれてしまうのを見てしまい





病院に駆け込んだけど間に合わなくて・・・





茫然自失でその子を抱いたまま、





夕方まで遊び場だった土手に座っていたことがあります。





ショックで・・・





それからしばらくうまく喋られなくなったりして・・・





ものすごく悲しくて・・・





「死を忌み嫌う気持ち」しかなかったけど。










それからも・・・





道で動物の亡骸を見つけた時は放っておけなくて





(停車できない高速道路などは別として)





できるだけ埋葬して手を合わせてきました。





「取り憑かれるよ」とか





「塩をふって清めなさい」とか言う人もいたけど、





とてもそうは思えなかったから。










亡き愛猫ピンも、





この腕に抱きしめて看取った・・・





それから、





『にゃんだーガード』の黒猫ジュリちゃん・・・





ヒザに抱いて看取った・・・










人が亡くなる時のエネルギーが





「プール 529 杯分」なら、





動物が亡くなる時はどのくらいなんだろう・・・





そんなことを考えることもあって





柴田先生にお聞きしたら、





「来年、動物の看取りについても考えましょうね」と





おっしゃっていただきました。^^










友人のなかには、





「看取り士なんて縁起でもない」とか





「辛気くさい」とか





「うさんくさい」などと言う人もいたけど。










23 歳の時に急に恋人が亡くなってしまって・・・





それから5年も経たないのに、





大好きだった父まで亡くなってしまって・・・





死はどう考えても「忌み嫌うべきもの」だったけど、





後悔ばかりが残る「愛する者の死」を





看取り直すためにも・・・





また、これから迎える「愛する者の死」と





どう向き合ったらいいのかを・・・





真剣に学ぶためにも、





看取り士の世界をもっと知りたいと思ったのです。










わたしが看取り士になるための研修の初日に





朝の散歩をしていたら・・・





目の前に大きな「虹の柱」が立ちました。





その柱は大きな弧を描きながら、





向こう側にも立ち上がった虹の柱とみるみるつながって・・・





巨大な「虹の橋」に・・・!





まるで何か語りかけるみたいに輝いて





数分で消えてしまったけど。




















びっくりして 柴田 先生に報告したら、





「あの世からのエールよ」と。










研修を受けている間に





わたしを担当してくださった講師の先生のところには、





「猫のご霊体がヒザに来た」そうで、





くるくるまわって・・・





それを複数の講師の方が目撃していたそうで。










その話を聞いた時は、





なんだか心の奥底がほわっとなって・・・





涙があふれてきました。










まだまだ「看取り士」を名乗るほど





慈愛に満ちた人間ではないけど。





これからも「自分が未熟であること」を踏まえたうえで





人としての修養を積んで





少しでも「愛」のある世の中になるように





働きかけていけたらいいな、





と思います。





postheadericon 金ちゃんスペシャル PART 2

金ちゃんに里親様のお話が持ち上がった時、


ちょっと興味深いことがありました。


(ものすごーく反省した出来事でした。。)




「この子かわいかー


うちにもこんな子が欲しかー」


しきりにおっしゃる里親候補様に対して


わたしが不用意に


「なんなら連れて帰ってもいーですよー」と言うと・・・


金ちゃん何を思ったかスッと席を立ち、


プイと猫部屋に戻って行ってしまいました。。。




よく考えたら(考えなくても・・・)


金ちゃんにしてみたら “失礼な話” でしたね。


本ニャンに断りもなく即答して、


まるで “いらないモノ” のような言い方だったかもしれません。


金ちゃんがいくら陽気で脳天気だとしても・・・


配慮が足りなかったと反省しました。




そしてやっぱり、


猫も人間の言葉を解するのだと思いましたよ。


家庭内の夫婦喧嘩とか・・・


心配事とか・・・猫はちゃーんとわかっていて


胸を痛めたりしてるんですね。




金ちゃんにはすぐに謝って、


これから金ちゃんをお迎えくださるかもしれないご家庭が


どんなに素晴らしいかをちゃんと説明しました。


(人間の小さな男の子に話して聞かせるように、


ちゃんと言葉に出して・・・)
はじめに
calendar
2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

◆ピン(♂)
福岡市の繁華街で行き倒れていました。実は、天使か福の神の化身。だってピンちゃんをギュッと抱きしめて願ったことは、すべて叶ったんですもの。(株)ミス・ブランチの永久名誉会長。享年12歳。


◆コペ(18歳・♂)
ピンちゃん亡き後のウチの長男。名前を呼ぶとシッポを立
てて「ニャーン」と返事をして飛んできます。前世は忠犬だったと思われる可愛いヤツです。


◆しまじろう(6歳・♂)
線路のそばで飢えて弱ってい
たところを保護され、2009年10月にウチの子に。過酷な野良子猫時代を送ったせいで歯肉炎の持病があるものの、食欲旺盛、元気いっぱい。最近甘え上手になってきました。


◆リリー(6歳半・♀)
しまじろう君とほぼ同時に迎えたママ大好きっ子。ママが他の子をちょっとかまうのも我慢できず、大声で鳴いて抗議します。嫉妬深いところも可愛いお姫様です。


◆ルネ吉かつお(6歳半・♂)
岩手県ニャン。盛岡市の繁華街でお腹を空かせて行き倒れているところを「プチポンもりおか」のサヴァさんに救出され、縁あって2010年春、九州・福岡へ。ピンちゃんそっくりの容姿&性格で癒してくれる天使です。


◆ファミ(3歳・♀)
あの3.11以降、福島原発被災動物シェルター『にゃんだーガード』へボランティアに行って出会った、ピンそっくりの女の子。人見知り全然なし! どんな人にもイチコロでなついて甘えるモンスター級アイドル猫です。


◆金太呂(3歳・♂)
2013年4月16日の深夜、交通事故に遭って道に倒れているところを友人のイラストレーター・HAKOちゃんに助けてもらいました。どんな人にも初対面でスリスリべたべた、我が家で1、2を争うストーカーさんです。


◆ピカリ(6歳半・♂)
2013年9月、飢えてガリガリに痩せ、ひどく弱っているところを保護しました。虐待のトラウマがあり、人が棒のようなものを持っているだけで怯えます。少しずつ心身を癒し、随分 “まあるく” なっています。


◆富來(2歳・♂)
2014年12月、『どうぶつ基金』さんによって一斉TNRを行った北九州市の馬島で出会いました。手術で耳先カットされた “さくらねこ” ですが、本ニャンの強い希望により? ウチの子に迎えたストーカーさんです。