カテゴリ:美容&ヘルスケア の記事

postheadericon 「人の振り見て我が振り直せ」

先日、J R 博多駅でバスを降りようとした時のこと、



60代前後くらいの女性3人組が



わたしの前で運賃を払おうとしていました。






でも・・・!



1人が千円札を両替機に通して小銭を取りきる前に



2人目が千円札を突っこみ、



両替口は2人分の小銭がゴチャ混ぜになって溢れ・・・



さらに3人目は運賃を料金支払口ではなく、



500円玉や100円玉を両替するコイン投入口に入れ・・・><;



両替口は3人分の小銭が溢れてしまいました。。。






運転手さんが何度か説明して



ようやく3人組は事態を理解したようですが・・・






そのうち後続の人々がイライラしてきて・・・



「なにやってんだよ」






3人組には聞こえてないのか、



それとも後ろで “待たされてる大勢の人々” の存在に気づかないのか、、



慌てる様子もなく小銭を3人で分け始め・・・



挙げ句「あと◎◎円足りない」などと揉めて・・・






さらに後ろから “怒り” がこもった



「おっせぇなー!」という声が聞こえましたが・・・






しかし、それでも3人組には、



「誰か一人がとりあえず払って後続の人々を待たせないように」



なんて裁量はなさそうで・・・






そしてついには、



「ババァ、いい加減にしろ!!!」(怒声)






3人組は我に返ったように後ろを見て



「普段は息子のクルマばかりでバスに乗らないのよ」



などと変なイイワケをしながら、



バツが悪そうにそそくさと降りていきましたが・・・



この間7~8分は足止めを喰ったと思います。



さすがに少々イラっとしましたが・・・






でも、それより何よりゾッとしたのはーーー



「トシとるって、こーゆーことなの・・・???」



「いやいやいやいや、絶対こうはなりたくない~!!!」



という、“なんともいやはや” な、、



身につまされる “同病相憐れむ” カンジ。。><;






トシとると身体能力が衰えて



動作や物事の理解が遅くなるのは仕方ないとしても・・・



公共の交通機関を乗りこなせなくなるとか、



周囲の人に気を遣えなくなるとか、



他人に迷惑かけたことすら気づかない “おばちゃんあるある” ・・・



イヤですよねぇ、、(ほんとに!^^;)






でも! それでも思うんですよね。。



「人の振り見て我が振り直せ」






少々腹の立つことがあったとしても



誰かを責める前に一拍おいて



「人の振り見て我が振り直せ」と自分を顧みたら、



けっこう学ぶことが見つかります。






いくらトシとっても・・・



「自分の身の回りのことは自分で」は、



人間として最低限の自立ですね。



“年長者権限” で何でも若い人にやらせているうちに、



ボケや老化は加速するのかもしれません。






それに・・・



自分のことを絶対的に正しいと思い込んでしまったり、



自己を顧みることなく他人を責めがちな思考も、



顕著な老化現象だそうですから、



これからもっと気をつけていきたいと思いました。。






さっそく・・・



予防策として朝スムージーに



ヤマブシタケの粉末とたっぷりのお酢、マヌカハニーを



新たに加えることにしました。^^v






ヤマブシタケは認知症や更年期などに



めざましい健康作用が報告されるキノコです。






また、アルコール無添加のお酢を毎日たっぷり摂取することは



血圧調整や糖の吸収を穏やかにすることにつながり、



老化予防はもちろんダイエットにも大変いいのだそうです。^^






多量のお酢を加えても少量のマヌカハニーで



飲みやすくまろやかになります。






可愛いうちの子(猫)たちのためにも



“ボケ” てなんていられない・・・



「健康寿命」を伸ばす習慣や思考を大切にしたいと思います。













postheadericon お灸、なかなかグッドです。^^v

この夏ひどい “夏バテ” と “夏風邪” に見舞われ・・・



何をやっても回復しなく、、



ダメモトでやってみた “お灸” ですがー



なかなかグッドです。^^






ヒトコトで “お灸” と言っても色んな方法があるようで・・・



わたしが通っている先生がおっしゃるには、



「全身のツボはすべて手のひらにある」とのこと。






なので、わたしは「手のひらのツボ7カ所 × 両手 × 3回」



これをできるだけ毎日やっています。



手のひらでモグサのお灸に火を点けるなんて・・・



と思われるかもしれませんが、、



防熱シートを貼っているので意外とガマンできます。






お灸の裏側はシールになっていますので



裏紙を剥がして防熱シートの上から固定(貼り付け)します。






“手” って侮れないんですよねー。。



わたしは肩こりもけっこう悩みなのですが、



先生から「ココをマッサージしなさい」とアドバイスされた



中指の真ん中あたりのツボは効きます。






最初は恐かったけど今じゃ慣れっこになった点火・・・



(恐いでしょー。。^^;)






ちなみに先月初めて “お灸” の受診をした時は、



「 80 代後半のご臨終間際のお婆さん」と言われた体調・・・



先日受診した時は「元気不足の 60 代」にまで!



・・・回復傾向です。



咳は完全に止まりました!













postheadericon ダイエットとマンナンごはん。

近頃めっきり大きく育ったしまちゃんとともに






只今ダイエット中です。






ダイエットレシピを工夫してみました〜 ♪






じゃーん! 糸こんにゃくです。



 



フードプロセッサーにかけて細かくします。






フツウに炊飯器でごはんを炊く要領でお米1合を研ぎます。






お米1合に対して目安の1.5倍の水を加えて先程の糸こんにゃくを加えます。






1合で6〜7膳分の “マンナンごはん” が出来上がります。



1合当たり約 540 kcal ですから1膳でも約 90 kcal です。






黒こんにゃくでもいいけど・・・



白いほうが、ごはんっぽい仕上がりになります。






ちょっと柔らかめだけど・・・・・



グリーンカレーは美味しかったです。。






日本の現代人は総体的に「糖」と「塩分」を過剰摂取・・・



カルシウムや食物繊維は全然足りてないそうです。






こんにゃくは食物繊維たっぷり・・・



香辛料を利かせたメニューは塩分を抑えることができます。






タンパク質とカルシウムが不足しないように



ダイエットを楽しむつもりですが・・・






お誕生月で会食の予定もけっこうありますので・・・






ぼちぼちがんばるとします。。。

postheadericon 秋の爆喰い・・・^^;

わたしは普段まともに晩ごはんを食べません。






夜は簡単な酒肴とアルコールだけ・・・



(アルコールだけのことが多いかも。。。)






朝は旬の野菜やフルーツ300〜400グラムを使って






“なんちゃって” スムージー(大ジョッキ1杯分くらい)



お腹ジャブジャブで出勤して・・・






お昼間は “男飯” ガッツリ、という毎日です。






ある日の “肉食女子” ランチ・・・









そんな生活をもう20年近くも続けてきまして



普段は時に体重の変動ないのですが、



“太る” ことがあるとしたら夜に会食が続いたりした時・・・






先月の酒井勝画伯のグラスリッツェン展では、



会期中毎晩ごはんをご一緒させていただきまして・・・・・






ある時はカニとしゃぶしゃぶの食べ放題だったり、






ある時は特大の牛タン定食だったり、、






超スレンダーで体脂肪率6%という酒井勝画伯ですが・・・






見かけに反してすごく召し上がります。。






こんな大盛りごはんもぺろり、なんです。。^^;






“つられて” 食べてたら大変なこと! になります。。。






つまり、大変なことになりました。><;






今日からしまちゃんと一緒にダイエットします。^^






postheadericon ひとまずホッとしたけど、、消沈。。。(;;)

先々月末に引いたはずの風邪が、、、



まあーだ完治しなくて。。。



最初一週間で熱がブワッと出て喉ガラガラ、鼻水ズビズビ・・・



風邪の諸症状フルコース終わったのに・・・



その後、咳だけが約2カ月間ずーっと止まりません。。






「咳が2週間以上続いたら結核かもしれません」とか



「町医者に風邪だって言われた知人が実は末期の肺がんだった」



なんて、コワイ話も聞こえてきて・・・



友人知人が紹介してくれた病院を転々と受診してみたけど・・・



レントゲンから血液検査まで色々やって、、



呼吸器内科まで受診したけど、



結局なーーーんの異常も出ませんでした。。。






結核はもちろん喘息やアレルギー、



肺炎や肺がんの疑いもなし。。やはり「風邪だろう」となり、、、



この2カ月間ずっと風邪薬や咳止薬が手放せず。。><;



さらに、この暑さと利き過ぎエアコンの温度差・・・



(わたしの場合は更年期も加わって。。)



自律神経がすっかりやられてしまったみたいで・・・



夏バテ症状により先週半ばから完全ダウンしていました。。。






もうね、何がツライって、、



事務所まで「あと数分、数十歩で到着」なのに



地面から足引っ張られてるみたいに足が重くなってきて・・・



一歩も動けなくなって



道端に座り込んでしまう有様・・・



仕方なく週末は仕事を持ち帰って自宅で過ごすも、



なーんにもできない。。



「お腹すいたー」ニャンズにごはん出すのが精一杯、、



寝ても寝ても寝た気が全然しなくて・・・



真夜中や明け方には咳き込んで目が覚めたりして・・・



史上最悪の “だる重” でした。。。






思えばこの2カ月というもの・・・



抗生剤やら風邪薬やらを飲み続けた “薬漬け” 状態です。



それでも薬が切れると咳が止まらなくなるのでヤメられない、、



仕事で「腸内フローラ」の記事を書いたりしてるのに



わたしの腸内ってば、、



抗生剤漬けで悪玉菌はおろか善玉菌まで壊滅状態・・・



風邪薬で四六時中 “鎮静・鎮痛作用” も効いてるもんだから



手足の先から体の芯まで常に寒ーいし・・・



普段36.6~7度だったわたしの平熱は、



どこの病院で計っても35度ちょっとになっていました。



「体温が1度下がると免疫力3割落ちる」なんて話もあるから、



コワイ、コワイ事態だったのでしょう。。






・・・で、見かねた猫友 O さんから



昨日 “お灸” に誘っていただいたのでした。。



「ヒザ関節痛で歩けなかった人が歩けるようになった」とか、



「末期がんで余命宣告された人が5年も生きてる」とか、



色んな逸話がある有名な先生で・・・



猫友 O さん自身も大病を患ったのを機に通い始めたという、



“予約の取りにくい先生” なのだそうです。






「鍼灸」だから、、もちろんハリとかもあって



皮膚の上で「モノ燃やす」とか「ハリ突き刺す」とか・・・



想像しただけでもコワイですよね。。(;;)



もちろん、大、大、大のニガテ!



恐ろしくてたまらないのが本音なんですけど、、



・・・・・もうね、それでも最後の神頼み・・・



もう打つ手がなく・・・



仕方なーく行ってみることにしたんです。






結果・・・!



今朝は約2カ月ぶりにぐっすり眠れた・・・!



約2カ月ぶりに風邪薬も咳止薬も飲まずに寝たけど、



明け方に咳き込んで目が覚めることもなく、



しっかり眠れてる〜(ToT)/






お灸の先生いわく、



「気や血のめぐる体内の12の機能のうち、



9つがほぼ働いていない」



かろうじて頭だけ働いて最後の気力を振り絞っている状態・・・



“生気” のレベルで言うなら・・・



「80代後半の死にかけたおばあちゃん」



・・・なのだそうです。。。><;



(道理でツラかったはず、、)



ハリを打つにもその活力がないのでとりあえずお灸で・・・



とのことで、、、



いちばん熱いタイプのお灸を両手のひら7カ所のツボに



5回ずつやってもらいました。。






初めてのお灸は・・・



ほとんど熱さを感じませんでした。。



色んな機能が働いていない “不感症” 状態なので



仕方ないと言えば仕方ないですが・・・



まずは滞った気と血をめぐらせて



3回目でようやく少ーし熱さを感じるようになり、



毎日自宅でもできるお灸の方法を教えていただいて



帰ってきました。^^



お灸が耐えられないほど熱く感じるのは、



その部位が不全やがんなどを引き起こした可能性がある



“悪くなった状態” だからだそうで・・・



そうなる前に気づくことができて良かった、



と思うことにします。






あーあ、、、それにしても・・・



体力にはけっこう自信あったはずなのに・・・



寄る年波か・・・



「80代後半の死にかけたおばあちゃん」って・・・><;



先生の話を横で一緒に聞いていた猫友 O さんに、、



一瞬 “悪魔の微笑み” が浮かんだのを見逃しませんでしたよ〜



きっと今頃は井戸端会議の格好のネタ・・・(;;)



わたしの「80代後半死にかけババア説」は、



皆の知るところ・・・






ヒトから言われると悲しくなるので



自分から先にアナウンスすることにしました。



そうです、



「80代後半の死にかけたおばあちゃん」です。。



回復の希望は持てたけど、、



チーーーン(消沈)、、です。

postheadericon ファスティング&ダイエット その4

「ファスティング中は録りためたDVD鑑賞や読書を」って



いろんなヒトがおっしゃってるけど・・・



わたしは “落とし穴” にはまってしまいました。。。



だって、小説やDVD鑑賞をしていると



食事のシーンが出てきて “お腹空いて” しまうんですもん。^^;






フツウに過ごすのがいいような気がします。



そうでなければジグソーパズルとか写経とか・・・



「無」になれるのがいいような、、



(根拠もないし、はっきりわかりませんけど!)



実際にやってみてそんな気がしました。






今回は5日もがんばれたけど・・・



1日目、2日目はけっこうキツくて挫折しかけました。。



3日目からは少しだけラクになった気がします。^^






現在は平日の食事に気をつけるようにして



週末や日曜の友人との集まり、クライアントさんとの会食では



感謝して思いっきり食べます。






↑ ↓  6月4日ミシュラン☆☆の「天孝」さんにて。^^






短期集中のファスティングは苦しかったけど



「焦らずコツコツ継続」のA型なので



地味〜にダイエットを続けられるみたいです。



今のところ髪や肌がパサーッとなったりもしていません。



体が軽くなって顔色も健康的になったような・・・






来月は10年ぶりにくらいに



同級生の男友達に会うことになりましたから、



オシャレをして出かけたいと思います ♪






小さなイベントもがんばる材料にできたらいいな、です。^^

postheadericon ファスティング&ダイエット その3

通常ファスティングでは、



準備期間や回復期間に「お粥」を食すようですが



わたしは「アミノ酸スコア100」や「生食」を基準にして



お粥は食べませんでした。



お肉類を食べないと肌が悪くなる・・・



という「思い込み」みたいなものが昔からあるんです。。






わたしは十代の思春期もニキビ知らずでしたが、



中学2〜3年生の一年間だけ



唯一ニキビに悩まされた時期があります。



大好きな童話ドリトル先生(獣医)のマネをして



「動物は友達だから食べない」と



“にわかベジタリアン” になった一年間です。



成長期にそんなことをしてしまったので



鉄欠乏性貧血症を発症してドクターストップとなりましたが・・・



それで「鶏のレバー煮」を毎日食べさせられたら、



半月ほどでニキビが消えていきました。



そんな理由でお肉を食べないと肌が悪くなる・・・と、



ずっと思ってきたんです。






ちなみに、わたしの弟は・・・



中学生になる前から顔中ビッシリのニキビに悩まされて



病院に通うほどでした。



今でも痛々しいニキビ痕が残っています。



同じ家族で同じ食卓を囲んでいたのに不思議ですが・・・



弟は「ごはんおかわり派」



わたしは「おかずばっかり派」の違いがあります。



弟はニキビができてからますますお肉類をセーブして



社会人になってもニキビに悩まされ、



うどん、そばなどの「あっさり系」を好むようになりました。



(しかし相変わらず脂ギッシュです。。)



で、わたしはと言えば・・・



20代の頃は3日と空けず「ヤキニクー!」で



父が仕込んでくれた「もつ鍋」や「豚足」なども大好物でした。



(ケンミンショーでも福岡女性の豚足好きやってましたね〜 )






そんなわけなので「体質」と言えばそれまでですが・・・



お肉類、とりわけビタミンB群(アミノ酸)は、



皮膚の健康のために大事なんじゃないかと思っています。






それに、愛猫しまじろう君の慢性口内炎のケアに悩んで



皮膚の健康や免疫に関わる栄養を気にするようになってからは、



「酵素」「生食」の大切さが身にしみています。



なので、自分のファスティング回復食やダイエットでも



発酵食品や生野菜、「生食」(お刺身など)を



「アミノ酸スコア100」を気にしながら食べています。





しまちゃんの食事は必ず鶏のササミやお刺身1〜2品の生食が入ります。




postheadericon ファスティング&ダイエット その2

いろんなやり方があるファスティングですが・・・



わたしのやり方は少し変わっています。






固形の物を口にしない、とはいえ・・・



毎日しっかりアルコールは飲んじゃいます。^^;



「ワインもビールも発酵食品ですから!」



という乱暴な理由です。



ただし、酵素液を数滴たらしていただきます。



この「萬寿のしずく」は無味無臭のスグレモノでして



晩酌に最適なんです。






酵素がアルコール分解を助けてくれるみたいなので、



酔い覚めがすごくいいです ♪






ちなみに慢性口内炎の持病があるしまじろう君にも



この「萬寿のしずく」と「こどもレバコール」を混ぜたものを



毎日飲んでもらっています。^^






ファスティング中でもアルコールを解禁しているので



「お腹空いて眠れない」ということがなく、



5日間、途中で挫折することもなかったですよ。^^









甘味がある酵素液「野草の匠」「自然力」などを



炭酸水で割って飲むと炭酸のシュワシュワした刺激とほの甘さで



けっこう満腹感が得られます。









なぜ3日以上のファスティングが体にいいかといいますと・・・



体内の色んな機能がリセットされるからだそうです。



例えば、“味蕾” が正常化すると



少ない塩分でも味が感じられるため自然と減塩できるそう。



厚生労働省の塩分摂取目安は1日10グラムですが



WHO(世界保健機構)のは5グラム・・・



低カロリーでヘルシーと思われてる和食ですが、



塩分摂取量は高くなりがちな “落とし穴” があるのですね。。



わたしもファスティングを終えた直後は、



外食に食べられないくらいの「しょっぱさ」を感じましたから



これから気をつけよう、と思います。

postheadericon ファスティング&ダイエット その1

5月の中頃に5日間のファスティングを行いまして



現在も計画的なダイエットを続行中です。



 
ファスティングに使ったのは3種類の酵素液。



5日間で約3キロの減量ができて



肌にキメや透明感が戻ってきたような気がします。^^






そのまま引き続きダイエットに移行しまして、



1カ月で1.5~2キロの減量を目標に



DHCの「プロテインダイエット」(スープタイプ)や酵素液、



スムージーを1~2食に置き替えています。






なぜファスティングやダイエットをしようと思ったか・・・?






ほんとは心のどこかで



「ダイエットはもういいや」って思い始めてました。



だってーーー 猫友 O さんが呪文のように言うんですもん。。



「トシとったら太ってたほうが若く見られるよ」って・・・



O さんいわく1年に1キロずつ太ったら、



「顔のシワが伸びる」んだそう。。。^^;






確かに、御歳 65 歳の O さんは50代前半にしか見えないし・・・



お年寄りは “まるい” ほうが優しそうだし・・・



痩せて意地悪そうに見えるより太めもアリかな、って



思ったりもしたのだけど。。






知り合いの女性が最近ファスティングして



見違えるほど肌がきれいになったのを目の当たりにして



やってみる気になったのでした。






以前はねー・・・



ミッチーさんのコンサートが近づくとドキドキ、ソワソワして



わたしも相棒サトミちゃんもストンと痩せたりして



体重コントロールできたのに・・・



さすがにヒトの旦那さんになっちゃうと、、



(しかも相手が壇れいさんって、どゆこと?  ;;)



ダイエット効力なくなって・・・



自力でがんばるしかない、ですねー。。^^;

postheadericon “若見え” と “老け見え”

女性なら誰だって
少しでも若く見られたい? のではないかと思います。
先日、取材先で面白いことをお聞きしました。
“若見え” のポイントって・・・?
素肌美だそうです。
明るく血色がよく、キメが整ってハリ・うるおいがあり
シミ・しわ・たるみのない素肌美が基本。
当たり前と言えば、当たり前ですが。。
・・・で、驚いたことに
現代の40〜50代女性が5〜10歳くらい若く見えるのは、
当たり前なのだそうです。
40~50代のイメージは、
戦中〜戦後からほとんど変化していないけど
現代の40~50代は、
戦中~戦後の40~50代のような苦労はしておらず
恵まれた時代を生きてきたから若く見える・・・
つまり、わたしたちの世代が
実年齢より5〜10歳くらい若く見えるのは当たり前・・・
「お若く見えますねー」なんて社交辞令に気を良くして
5〜10歳くらい若く見られたからって
“若見え” でもなんでもない、、ということらしいです。。。
(逆に、コワイ時代かもしれません。。><;)
現代では、「実年齢 × 0.8 」くらいの “若見え” は当たり前?
でも、そう言われてみると・・・
確かに周囲の40〜50代、大抵みんな “若い” です。
元気もあります。
実際の年齢より老けて見える女性なんて稀・・・
そんな気がしてきました。。
“老け見え” についても貴重なお話をお聞きしました。
40〜50代の女性を老けて見せるのは、
断然 “シミ” なのだそう。。。
長年にわたって浴び続けた紫外線ダメージにより
ある日 “潜在ジミ” が顔を出してしまう、
するとギュンと一気に5〜10歳くらい老けてしまうそうです。><;
すごく当たり前だけど・・・・
紫外線対策と毎日の保湿ケア・・・大切ですね。
でも、しわ・シミよりもっと “老け見え” になるのは・・・
実は、、“怒り” なんだそうです。
喜びや悲しみと違って、
“怒り”  は最も “生々しい自我” を露呈させてしまうので
気をつけたほうがいい、とアドバイスいただきました。
“怒った顔も美しい” なんて女性は、
世界中さがしてもほんの一握り・・・・・

“怒り” をあらわにしない人間修養もオトナの女性のたしなみのひとつ、

ということだそうです。
また、ある演技派の女優さんは、
「怒りだけは演じるべき」とおっしゃったそうです。
「 “素の怒り顔” は醜悪すぎて人前にさらせない」からだそうです。
・・・なんとなく、納得です。

怒ってヒステリックにわめく女性の顔・・・恐ろしいですもの、ね。。
特に、40〜50代の “妙齢の女性” の怒り顔には、
ハンニャ(鬼女)の面相に老婆の要素まで加わって・・・
世にも恐ろしい醜さだそうです。
。。。。。。。。。
気をつけよう、と思いました。
はじめに
calendar
2019年4月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

◆ピン(♂)
福岡市の繁華街で行き倒れていました。実は、天使か福の神の化身。だってピンちゃんをギュッと抱きしめて願ったことは、すべて叶ったんですもの。(株)ミス・ブランチの永久名誉会長。享年12歳。


◆コペ(18歳・♂)
ピンちゃん亡き後のウチの長男。名前を呼ぶとシッポを立
てて「ニャーン」と返事をして飛んできます。前世は忠犬だったと思われる可愛いヤツです。


◆しまじろう(6歳・♂)
線路のそばで飢えて弱ってい
たところを保護され、2009年10月にウチの子に。過酷な野良子猫時代を送ったせいで歯肉炎の持病があるものの、食欲旺盛、元気いっぱい。最近甘え上手になってきました。


◆リリー(6歳半・♀)
しまじろう君とほぼ同時に迎えたママ大好きっ子。ママが他の子をちょっとかまうのも我慢できず、大声で鳴いて抗議します。嫉妬深いところも可愛いお姫様です。


◆ルネ吉かつお(6歳半・♂)
岩手県ニャン。盛岡市の繁華街でお腹を空かせて行き倒れているところを「プチポンもりおか」のサヴァさんに救出され、縁あって2010年春、九州・福岡へ。ピンちゃんそっくりの容姿&性格で癒してくれる天使です。


◆ファミ(3歳・♀)
あの3.11以降、福島原発被災動物シェルター『にゃんだーガード』へボランティアに行って出会った、ピンそっくりの女の子。人見知り全然なし! どんな人にもイチコロでなついて甘えるモンスター級アイドル猫です。


◆金太呂(3歳・♂)
2013年4月16日の深夜、交通事故に遭って道に倒れているところを友人のイラストレーター・HAKOちゃんに助けてもらいました。どんな人にも初対面でスリスリべたべた、我が家で1、2を争うストーカーさんです。


◆ピカリ(6歳半・♂)
2013年9月、飢えてガリガリに痩せ、ひどく弱っているところを保護しました。虐待のトラウマがあり、人が棒のようなものを持っているだけで怯えます。少しずつ心身を癒し、随分 “まあるく” なっています。


◆富來(2歳・♂)
2014年12月、『どうぶつ基金』さんによって一斉TNRを行った北九州市の馬島で出会いました。手術で耳先カットされた “さくらねこ” ですが、本ニャンの強い希望により? ウチの子に迎えたストーカーさんです。