カテゴリ:ピン の記事

postheadericon 「看取り士」になりました。〜 長文です

「死は忌み嫌うべきものではない」





最初お会いした時は、





不思議なことを言うなあ、と思いながら・・・





引き込まれていった、 柴田久美子 先生が提唱している、





「死」を看取る世界・・・










初級・中級の講座の後で 5日間の「胎内体感」を受けて





「看取り士」の資格を取得しました。





(資格を取ったというだけで実働はしていません。)










現在「看取り士」の資格を持つ人は、





全国に 300 人ほどいるそうです。





始まりは、路上で死んでいく貧しい人を





「看取りの家」をつくって手厚く看護した マザー・テレサ の思想・・・





人生の 99 % がつらかったとしても最期 1% が幸せなら、





その人生は無意味ではなかった、





幸せだったのだ、とするマザー・テレサの「慈悲」深い思想と行動です。










「看取り」とは、





「いのちのバトン」の受け渡し。





人は亡くなる時に





「 25 m プール」 529 杯分の水を瞬時に沸かすほどの





絶大なるエネルギーを放出するのだとか。





(瀬戸内寂聴先生・談)





「抱いて看取る」ということは、





その絶大なエネルギーを受け取りながら





最期の時を、





旅立つ人とともに過ごして





「残される者」として





これから生きていく支え(エネルギー)とすること。










わたしは8歳の時に





目の前で子猫が車にひかれてしまうのを見てしまい





病院に駆け込んだけど間に合わなくて・・・





茫然自失でその子を抱いたまま、





夕方まで遊び場だった土手に座っていたことがあります。





ショックで・・・





それからしばらくうまく喋られなくなったりして・・・





ものすごく悲しくて・・・





「死を忌み嫌う気持ち」しかなかったけど。










それからも・・・





道で動物の亡骸を見つけた時は放っておけなくて





(停車できない高速道路などは別として)





できるだけ埋葬して手を合わせてきました。





「取り憑かれるよ」とか





「塩をふって清めなさい」とか言う人もいたけど、





とてもそうは思えなかったから。










亡き愛猫ピンも、





この腕に抱きしめて看取った・・・





それから、





『にゃんだーガード』の黒猫ジュリちゃん・・・





ヒザに抱いて看取った・・・










人が亡くなる時のエネルギーが





「プール 529 杯分」なら、





動物が亡くなる時はどのくらいなんだろう・・・





そんなことを考えることもあって





柴田先生にお聞きしたら、





「来年、動物の看取りについても考えましょうね」と





おっしゃっていただきました。^^










友人のなかには、





「看取り士なんて縁起でもない」とか





「辛気くさい」とか





「うさんくさい」などと言う人もいたけど。










23 歳の時に急に恋人が亡くなってしまって・・・





それから5年も経たないのに、





大好きだった父まで亡くなってしまって・・・





死はどう考えても「忌み嫌うべきもの」だったけど、





後悔ばかりが残る「愛する者の死」を





看取り直すためにも・・・





また、これから迎える「愛する者の死」と





どう向き合ったらいいのかを・・・





真剣に学ぶためにも、





看取り士の世界をもっと知りたいと思ったのです。










わたしが看取り士になるための研修の初日に





朝の散歩をしていたら・・・





目の前に大きな「虹の柱」が立ちました。





その柱は大きな弧を描きながら、





向こう側にも立ち上がった虹の柱とみるみるつながって・・・





巨大な「虹の橋」に・・・!





まるで何か語りかけるみたいに輝いて





数分で消えてしまったけど。




















びっくりして 柴田 先生に報告したら、





「あの世からのエールよ」と。










研修を受けている間に





わたしを担当してくださった講師の先生のところには、





「猫のご霊体がヒザに来た」そうで、





くるくるまわって・・・





それを複数の講師の方が目撃していたそうで。










その話を聞いた時は、





なんだか心の奥底がほわっとなって・・・





涙があふれてきました。










まだまだ「看取り士」を名乗るほど





慈愛に満ちた人間ではないけど。





これからも「自分が未熟であること」を踏まえたうえで





人としての修養を積んで





少しでも「愛」のある世の中になるように





働きかけていけたらいいな、





と思います。





postheadericon 「ふたご座の新月」に。

ふたご座って・・・



兄弟愛や友愛のシンボルみたいな星座?



そのくらいしか知らなかった。



きのうは「ふたご座の新月」だったそうで・・・



正直、驚いた。。






http://ameblo.jp/tsumakiyoko/entry-12278288253.html



↑ これと同じことが、わたしの身にも起こったから。



不思議、不思議、不思議!



でも、本当にあったウソみたいな事実。



きのうまでは序章?






ゾクゾクしています。






この数週間、たしかに煩わしいことは色々あったけど






最近会いたかった人に会えたり・・・



前からやってみたかった仕事のオファーをいただいたり・・・



行ってみたかった場所に行けることになったり・・・






にわかに「引き寄せ」が加速しているのを感じます。



postheadericon 「胎内体感」を経て。

看取り士・柴田久美子先生の講座を受講するために



今月の初めに熊本へ行ってきました。



(倒壊した熊本城を間近に見た時は胸が潰れそうだった・・・)






「胎内体感」とは、



20年以上「内観」の講師をしていらした柴田先生が



それをさらに独自に発展させたもので



現在から思春期〜幼少期〜胎内にまで遡る瞑想の旅のなかで



穏やかで慈愛に満ちた心理状態になります。



「仏心を学ぶ」と言ってもいいのかもしれないです。



(内観は心理療法にも用いられています。)






わたしの場合は母との関係が改善された気がします。



自尊感情(自己肯定感)が低い人や、



引っ込み思案だったりして取り越し苦労が多いような人には、



(自信がない人とか・・・)



効果絶大なんじゃないかと思います。^^






今まで見ていた景色が違うものに見えてきて・・・



心の奥底からとても前向きなエネルギーが湧いてくる気がします。




行きと違って帰りに見た熊本城は、パワフルでした。



postheadericon 本当に生まれ変わってきたんだ。

リフォーム工事中、



寝室に避難したピカリちゃん♡






この部屋は初めてなので警戒するかな、と思ったら・・・



(持病があるしまちゃん専用部屋。かつてはピンの部屋だった。。)



いきなり馴染んでいた。






・・・・・しかも!



亡き愛猫・ピンが生前よくしていたことと



まったく同じことする。。。(;;)









何度も、何度も、ピカリがピンと同じことする・・・



(;;)(;;)(;;)






こういうの、「やばい」って言うのかな、、



やばいくらいの幸せ。






神様、ありがとうございます!



postheadericon マザーテレサが「怒った」?

先日、看取り士の柴田久美子先生の講座を受講した時に



「来日したマザーテレサが、



日本人の “終末期” の在り方を目の当たりにして



『この国には二度と来ない!』と激怒して帰ってしまった・・・」



というお話をお聞きしました。






マザーテレサも怒るんだ?



ちょっと意外・・・



でも「怒り」をはじめ悲しみ、恐怖 etc.



「感情」ってちゃんと向き合わないでフタしてしまうと



そのヒトの人格にイビツな事態を招くこと、



ありますね。



(撒き散らすのもダメだと思うけど・・・)






数年前にお会いした



ミラクルタッピング(引き寄せ)創始者・山富浩司先生は、



物事の成否には顕在意識下にある思考や行動より



潜在意識下の「感情」が大きく影響するとおっしゃっていました。



なるほど・・・



好きで楽しんでやってることは成果が出やすいし、



「失敗するかも」という、



「恐怖」の感情は本当に失敗を引き寄せてしまったり・・・



感情のエネルギーって侮れないです。






生きている以上だれにも



「怒り」や「恐怖」などの感情が生まれるのは仕方ない・・・



でもその感情にきちんと向き合うことで



改めて自分のことが分かったり、



何かが改善されたり、進むべき道が見えて来たり。



感情=心の在り方を学ぶ今日この頃です。






山富先生のこの本、面白いですよ。



元気になる、というかエネルギーが湧いてきます。



「スピリチュアル」とか「引き寄せ」と聞くと



胡散臭いと思うヒトもいるかもだけど



感情による「目には見えないエネルギー」の存在は、



物理学的にもちゃんと証明されているそうです。



postheadericon 2017年4月16日。

今日は愛猫・ピンの九回忌です。






去年くらいから・・・以前よりぐっと明るい気持ちで



この日を迎えることができるようになりました。



理由は・・・






ピカ が ピン の生まれ変わりと信じ込んでいるからです。



(もしそうでないにしても、、



“使者” か “まわし者” だと思う〜! 絶対 !! )






わたしは2009年4月16日にピンを亡くしてから、



ずーっと寂しくて悲しい日々だったけど。






ピカリは2009年4月16日頃に生まれてから、



虐待されて辛い日々だったけど。






出会うまでに4年もかかったけど



(さらに気づくまでに2年かかったけど・・・)






それがこんな、魂の邂逅を得るような幸せのためだったのなら



神様には感謝しかないです。






人間の人生ひとつ、コロリと変えてしまう〜



猫って素晴らしいです。






これからもピンを愛しく思うのと同じ気持ちで



ピカを愛します。



(もちろんウチの子たちみんにゃも♡)

postheadericon やっぱり可愛い♡

コタツからちょこんと顔出して寝てる、



うちの子・ピカリちゃん。






わたしと目が合うと、



かすれた小さい甘え声で「にゃー」って鳴きます。



(いわゆる「サイレントにゃー」♡)






ベロ仕舞い忘れた。。






横から見たときの平ぺったさもツボです。^^






やっぱり可愛い♡






どっからどー見ても可愛い♡♡♡






ぜぇーったいに可愛い♡






以上、うちの子自慢でした〜。^^

postheadericon ピカの定位置・・・?




すぐ近くでケータイ充電してるので・・・






電話が鳴るとおかーしゃん(わたし)がやってきて



ついでにナデナデします。









ピカ「デンワ鳴らないかにゃ・・・」






ピカ「鳴った! おかしゃんキターーー!!!」















ピカは「これ以上ひっつけないよ」ってくらい近寄ってきて



でっかい頭でごちんごちん頭突き・・・^^;






離れようとすると腕を抱え込んで・・・









それでも離れると・・・






こーんな顔して見つめます。。



(もう、犯罪的な可愛さです〜♡)









キリがないけど・・・






猫と暮らす毎日・・・ほんとに幸せですね。



postheadericon 世界一のしあわせ者 ♪

お仕事テンコ盛りで・・・



毎日毎日くったくたでぐったりの日々だけれども、



自分は世界一しあわせだと言い切れます。






世界一かわい〜と言い切れる子が



待っていてくれるから、



どんなにくったくたでもぐったりでも大丈夫。






「またでたよ猫バカめ〜」って思われるの、



わかってますけども・・・






毎日毎日「世界一しあわせ〜」ってしみじみ言います。



そして毎日毎日心の底から感謝している・・・






毎日毎日 “しあわせ” としか言いようのない気持ちでいる・・・






笑われるかもしれませんが・・・



ピカリがピンの再来(または “まわし者” )と確信できてから、



毎日毎日心の底からしあわせ〜と思って過ごしている・・・






しあわせです!






世界一しあわせ!




もう一度こんな気持ちになれたことが



本当にうれしくてしあわせです。




・・・あ、ピカリだけを “えこひいき” してるんじゃなく、



大きな心の支えがある、と言うか、、、



“たましい” のかけらが再び揃った、という感じ。。






毎日ピカを抱き上げてぎゅ〜ってすると



自分がどんどん、どんどんしあわせになっていって



それがまわりにも伝染していってる・・・



そんな感じです。






さ、またがんばろぉ〜っと!

postheadericon もしも “あの人” が生きていたら・・・

5月2日は、忌野清志郎さんの命日でした。



2009年5月2日・・・



この年の4月16日にソウルメイト・愛猫ピンを亡くしていたので



思い出すのも苦しいほどショックでした。



そして、翌5月3日は憲法記念日・・・



もしも清志郎さんが生きていたら何ておっしゃっただろう、、



今年の5月2日と3日は、



仕事に追われながらそんなことを考えました。



(まだ九州のあちこちで余震が続いているのに桜島まで・・・



なのに川内原発稼働中とか意味わからんっ!)






あ〜あ、それにしても働きすぎかも・・・



そろそろ自分にご褒美とかあげてもいいんじゃない?



なんて思うけど、、



ご褒美えらんでる時間もないよっ? ><;



ブツクサ心のなかで唱えてたら伝わっちゃたかも???






ソウルメイト・ピンのワイングラス〜






うれしすぎて涙でた。。;;






がんばるチカラが湧いてきます!
はじめに
calendar
2017年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

◆ピン(♂)
福岡市の繁華街で行き倒れていました。実は、天使か福の神の化身。だってピンちゃんをギュッと抱きしめて願ったことは、すべて叶ったんですもの。(株)ミス・ブランチの永久名誉会長。享年12歳。


◆コペ(18歳・♂)
ピンちゃん亡き後のウチの長男。名前を呼ぶとシッポを立
てて「ニャーン」と返事をして飛んできます。前世は忠犬だったと思われる可愛いヤツです。


◆しまじろう(6歳・♂)
線路のそばで飢えて弱ってい
たところを保護され、2009年10月にウチの子に。過酷な野良子猫時代を送ったせいで歯肉炎の持病があるものの、食欲旺盛、元気いっぱい。最近甘え上手になってきました。


◆リリー(6歳半・♀)
しまじろう君とほぼ同時に迎えたママ大好きっ子。ママが他の子をちょっとかまうのも我慢できず、大声で鳴いて抗議します。嫉妬深いところも可愛いお姫様です。


◆ルネ吉かつお(6歳半・♂)
岩手県ニャン。盛岡市の繁華街でお腹を空かせて行き倒れているところを「プチポンもりおか」のサヴァさんに救出され、縁あって2010年春、九州・福岡へ。ピンちゃんそっくりの容姿&性格で癒してくれる天使です。


◆ファミ(3歳・♀)
あの3.11以降、福島原発被災動物シェルター『にゃんだーガード』へボランティアに行って出会った、ピンそっくりの女の子。人見知り全然なし! どんな人にもイチコロでなついて甘えるモンスター級アイドル猫です。


◆金太呂(3歳・♂)
2013年4月16日の深夜、交通事故に遭って道に倒れているところを友人のイラストレーター・HAKOちゃんに助けてもらいました。どんな人にも初対面でスリスリべたべた、我が家で1、2を争うストーカーさんです。


◆ピカリ(6歳半・♂)
2013年9月、飢えてガリガリに痩せ、ひどく弱っているところを保護しました。虐待のトラウマがあり、人が棒のようなものを持っているだけで怯えます。少しずつ心身を癒し、随分 “まあるく” なっています。


◆富來(2歳・♂)
2014年12月、『どうぶつ基金』さんによって一斉TNRを行った北九州市の馬島で出会いました。手術で耳先カットされた “さくらねこ” ですが、本ニャンの強い希望により? ウチの子に迎えたストーカーさんです。