2018 年 7月 3 日の記事

postheadericon 10年先、20年先に・・・

おかげ様で本業が立て込んでいるので



キャットシッターは、



よほど懇意のクライアントさん以外は受けていません。



だけど・・・



Rちゃんママさんは憧れの素敵女性なので



お引き受けしています。^^






カギをお預かりしに行った時の雑談で



Rちゃんママさんが今年「古希」(70歳)と聞いてビ~ックリ!



そんな年齢には絶対見えない!!



ものすご~く若見えでおきれいなんです。






お話を聞いているうちにその理由がわかりました。



「酢タマネギ」「黒ごまきな粉」・・・



・・・あとなんだったっけ?



サプリメントも色々飲んでいらっしゃって



食事や睡眠、ダイエットにも気を使ってらっしゃって



要するに、インナーケアを徹底されています。



ストレスケアも~!






同じように若見えの猫友 O さんも、



確か、いろんな健康食品やサプリメント飲んでいたし・・・



インナーケアって大事!






西洋科学を否定するつもりはないのだけど



お薬には副作用がつきものなので



いろんな栄養が相乗する食品やサプリメントなどの



インナーケアを大切にしたいと思います。






実は、わたくしめ・・・血圧が少し高かったのですが、、



インナーケアで正常に戻しました!



1日に大さじ5杯(75cc)のお酢と小さじ1〜2杯のアマニ油で!!






たとえばある朝は、馬島のお母さんから頂戴したワカメに



キュウリとトマト、炒り卵、お酢を和えて



猫友 O さんが開発したマジカルスパイス、アマニ油でサラダ~ ♪






マジカルスパイスってスグレモノで



最近では冷奴や納豆などもマジカルスパイス+アマニ油!



お刺身もマジカルスパイス+アマニ油+レモン少々で



瞬時にカルパッッチョになります。



お醤油の出番がなくなってしまいました。。






わたしのなかでは “血圧三銃士” 〜^^






イオンのオーガニックは優秀で



JASよりも厳しい世界基準で管理されてるんですよ。



(実は 2020 年の東京五輪選手村で使用する食材・・・



JASの基準では協会に認証してもらえず、



日本の食の安全基準は、抜本的な見直しを迫られています。。)






サプリメントけっこう飲んでいて



コエンザイムQ10、サントリーのセサミン、萬寿のしずく(酵素)、



サンゴカルシウム、ビタミンC、青汁、



プラセンタ、コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸 etc.



これに認知症予防のために毎日卵2個以上、アマニ油、純リンゴ酢・・・



納豆、週1~2回トンソク・・・^^;



Rちゃんママさんから教わった「黒ごまきな粉」も加えました。






おかげ様で手前味噌ですが肌の白さを褒められたり、



スキンチェッカーの肌年齢が実年齢を下回っています。^^v






あ、「老い」を否定するつもりは全然なく・・・



だけど同じ70歳なら若々しくてイキイキしてたほうが



まわりの人も幸せと思うんです。



整形までしてシミ・しわ取りたいとは思わないけれども



いわゆる “おこりんぼ顔”  になって



眉間にシワが刻まれたり、口角が下がるのは・・・



できるだけ避けたいです。。






ジブンの身の回りに



10年先、20年先「こんな風になってたら素敵だな」と思える、



お手本にしたい人が少なからずいてくださるって



幸せなことですね。



はじめに
calendar
2018年7月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

◆ピン(♂)
福岡市の繁華街で行き倒れていました。実は、天使か福の神の化身。だってピンちゃんをギュッと抱きしめて願ったことは、すべて叶ったんですもの。(株)ミス・ブランチの永久名誉会長。享年12歳。


◆コペ(18歳・♂)
ピンちゃん亡き後のウチの長男。名前を呼ぶとシッポを立
てて「ニャーン」と返事をして飛んできます。前世は忠犬だったと思われる可愛いヤツです。


◆しまじろう(6歳・♂)
線路のそばで飢えて弱ってい
たところを保護され、2009年10月にウチの子に。過酷な野良子猫時代を送ったせいで歯肉炎の持病があるものの、食欲旺盛、元気いっぱい。最近甘え上手になってきました。


◆リリー(6歳半・♀)
しまじろう君とほぼ同時に迎えたママ大好きっ子。ママが他の子をちょっとかまうのも我慢できず、大声で鳴いて抗議します。嫉妬深いところも可愛いお姫様です。


◆ルネ吉かつお(6歳半・♂)
岩手県ニャン。盛岡市の繁華街でお腹を空かせて行き倒れているところを「プチポンもりおか」のサヴァさんに救出され、縁あって2010年春、九州・福岡へ。ピンちゃんそっくりの容姿&性格で癒してくれる天使です。


◆ファミ(3歳・♀)
あの3.11以降、福島原発被災動物シェルター『にゃんだーガード』へボランティアに行って出会った、ピンそっくりの女の子。人見知り全然なし! どんな人にもイチコロでなついて甘えるモンスター級アイドル猫です。


◆金太呂(3歳・♂)
2013年4月16日の深夜、交通事故に遭って道に倒れているところを友人のイラストレーター・HAKOちゃんに助けてもらいました。どんな人にも初対面でスリスリべたべた、我が家で1、2を争うストーカーさんです。


◆ピカリ(6歳半・♂)
2013年9月、飢えてガリガリに痩せ、ひどく弱っているところを保護しました。虐待のトラウマがあり、人が棒のようなものを持っているだけで怯えます。少しずつ心身を癒し、随分 “まあるく” なっています。


◆富來(2歳・♂)
2014年12月、『どうぶつ基金』さんによって一斉TNRを行った北九州市の馬島で出会いました。手術で耳先カットされた “さくらねこ” ですが、本ニャンの強い希望により? ウチの子に迎えたストーカーさんです。