2018 年 8月 の記事

postheadericon 8月25日、馬島びより♪

連日35度とか36度とか・・・ヒェ〜ですね。




8月はパスしようかと思っていた馬島行きですが・・・








このお方に会いたくて♡




(欠乏症〜!)








ラッキーなことに




前の晩に雨が降って曇って涼しい感じ♪








みんにゃさんと戯れて幸せなのにゃ〜♪








茶っつ〜ん、好きだよ♡








今回は唐揚たくさん作った!




自分でもビックリするほど美味しくできた〜〜〜




(腕が上がったかも^^v)








暑いのでOさんのお宅に避難〜




猫さんたち今日だけ限定でお座敷に入れてもらえて








のりりん近すぎっっ、、、








人なつこいシマちゅあん♡












みんにゃ可愛い。








お腹いっぱいにゃ面々・・・涼しい場所よく知ってるのニャ。。^^








この夏も馬島は平和です。












大好きなスイカに黄ウリ・・・




お土産にたくさん頂戴してしまった。。。




ありがたや〜、ありがたや〜








幸せです。




postheadericon 平和です。

リビングに何か転がっている。。。








ファミちゃんです。








しばらくすると追っかけっこが始まって




すぐにごろんと仰向けになってお腹を見せながら




末っ子・宝くんの相手をするピカリ・・・








最近なんとなく哲学的な顔になってきた




ルネ吉かつお先生・・・








平和です。








この平和がいつまでも続きますように。








すべての生命が幸せでありますように。





いよいよ本日はアニマルコミュニケーションの修了式〜!




行ってきまーす ♪




postheadericon 「かわいそうなぞう」をわすれない。

小学校の国語で習った「かわいそうなぞう」のお話。






戦時中、空襲で檻が破壊されることに備え、



上野動物園では猛獣の殺処分が行われました。



ぞうのジョン、トンキー、ワンリーも例外ではなく・・・



大好きな飼育員さんから毒エサを与えられますが、



賢い3頭は食べません。



やむなくエサや水を与えるのをやめ餓死させようとしますが、



3頭は弱り切った身体で健気に芸を披露し、



エサをねだるのです。






そしてついにジョンが、続いてワンリー、トンキーが・・・



涙を流しながら死んでいく、という物語です。






このお話を初めて読み聞かせで知った時は、



目が腫れて開かなくなるまで泣きました。






そして、このお話が実話にもとづいていると知った時は、



世の中にこれほど悲しく



残酷なことがあってよいのかと



また泣きました。






戦後70余年、



わたしたちは「戦争を知らない子どもたち」でした。



でもこれから生まれる子どもたちは・・・?






わたしたち人間の大人には選挙権=参政権が与えられています。



それはつまり、犬や猫などの動物たちの、



ジョン、ワンリー、ドンキーたちの、



「物言えぬ弱者」の代弁者でもある、ということです。



その人間の大人たちが「政治に関心がない」



あるいは「政治に期待しない」などと平気で言う・・・



嘆かわしいことだと思います。






人間が戦争をして命を落とすのは、



ある意味、自業自得・・・



でも、ジョン、ワンリー、ドンキーたちのような



無垢な命が犠牲になるのは絶対に嫌だから、



わたしは、あきらめません。






安倍政権は要らない!



「じゃあ代わりをどうするのか」なんて言う人がいるけど



2大政党制は英米くらいなもので



ヨーロッパでは「ゆるやかな連立政権」の与党が珍しくなくて



そのほうが「民主主義」の質が高く保たれ、



物言えぬ弱者やLGBTなど少数弱者の権利が守られやすいのですよ。






「かわいそうなぞう」をわすれない、



絶対に!



あきらめませんよ、絶対。



独裁政権の暴走を許さない民主主義が機能する日本に



戻るまで!






2018年8月15日、終戦記念日に。



postheadericon 涙そうそう・・・

翁長知事がお亡くなりに・・・



政治家の死を悼んで涙がこぼれるなんて



初めてのことかもしれません。






生前、翁長知事は「安倍政権の何がダメか」を問われ、



「愛がない」とおっしゃったそう。



核心を突いた、愛ある翁長知事ならではの言葉と思います。



心よりお悔やみを申し上げるとともに



愛と平和を胸に遺志を継いでいきたいです。






「沖縄に基地は要らない」
国民の福祉を削って軍事費に投じ、日本を基地や武器だらけにして
少子高齢化で年寄りばかりなのに誰が使うの?
そんなことよりも戦争を回避する外交努力が先でしょう?









長崎原爆忌に。



postheadericon 2018年8月6日に。




こういう女性誌を手にとるのは、



久しぶりです。






8ページにわたる特集記事で



美輪明宏さんが被爆体験を語っていらっしゃいます。



愛と平和への願いが込められたメッセージ・・・



必読です。



postheadericon この夏の幸運。

マインドフルネスでは、



引き寄せは自ら発した言葉が起こすとされていますので



「暑い、暑い」って言わないようにしています。



それでも帰宅直後などに思わず「あっつー」と口に出してしまうことあり、



「いかん、いかん」と息を吸い戻して飲み込んだり。。^^;



一人コントの毎日です。






先週、十何年かぶりに東京の編集の方が福岡に見えて



一緒にランチをしよう、となったのですが・・・



「何たべましょう」となった時に



その女性が「暑くて食欲がないので軽いもので」とおっしゃって



なんか、、、ものすご〜く新鮮に感じました。。



このところわたしのまわりには、



暑いからって食欲なくすような、、線の細い女子は



絶滅したもよう。。。だったので。。^^;






この夏も食欲衰えず元気!



東京出張時のランチです〜〜〜^^



ごはんの代わりにサラダを選べたりするのが



「さずが東京〜」ですねん♪






でもビール飲んじゃったら一緒じゃん、って話。。。><;






キャンペーンのくじ引いたら一等賞〜






事務所の近くの鮮魚店が



毎週木曜日限定で販売している500円のお寿司に



3度目の正直で、やっとありつけました♡






いわしバーグが絶品!






楽しい猫のお友達と美味しい晩ごはん食べたり・・・






予期せず人気のパンにありついたり。






以前だと幸運なことが起こると



「こんなところで運のムダ遣いしたくない〜」なんて思ったけど



マインドフルネスにハマってからは、



すべてに素直に感謝できるようになったかも〜



幸せです。

postheadericon タネの話〜種子法の危機をご存じですか?

去る7月28日に元・農水相の山田正彦さんの講演会に参加しました。



かなり恐いお話です。






TPPへの批准・・・これによって何が起こるか?



米国の巨大企業モンサント社などが



巨大資本にモノを言わせてタネの特許権を買い占め、



結果、昔ながらのタネを使った農業ができなくなる、というお話。



モンサント社に少なくないお金を払ってタネを買わないと



農業ができなくなり、違反すると莫大な違約金を請求されたり、



訴訟になったりする・・・



しかもモンサント社から支給されるタネは、



遺伝子に殺虫剤や下水道を洗浄する成分を組み込まれた



災害には強いけど味や安全性の保証なし。。。



これとともに「遺伝子組み換えでない」表示をできなくする



規制緩和もセットで行われようとしている、



実に恐い状況が現実に起ころうとしているんです。






TPPは国際条例で国内法よりも優先されるため、



このままでは国内法=種子法は廃止されて



昔ながらの農業ができなくなるばかりか



国民の食の安全は著しく損なわれてしまう・・・






九州・五島のご出身で農業に従事していたこともある山田先生は、



手弁当で全国をまわって啓発してらっしゃるのです。






また、弁護士でもいらっしゃる立場から、



憲法 > 国際条例(=TPP) > 国内法(=種子法)



の力学にのっとって「国民の生存権」を盾に



自治体ごとに条例を制定して日本の農業を守る知見を



授けてくださっています。






講演会の主催は、



無農薬農業と福祉施設の連携をめざず友人でした。



志の高い友人たちの尽力に感謝です。






日本は遺伝子組み換え作物の認可数で世界一。



その数は300以上・・・



2位が100代なのでダントツです。






遺伝子組み換え作物や農薬が発達障害や自閉症増加に関連しているのは、



科学的にも多くの実証があるのに・・・




どこまでも国民の生活をないがしろにする安倍政権・・・



あきらめるのは簡単です。



でも、こうして山田先生のように汗を流す人はいらっしゃいます。



「政治に関心がない」なんて言っているうちに



生命の危機が迫っていることに



一刻も早く気づいて行動したいものです。



postheadericon 花火パーティー♪

8月1日は大濠公園の花火大会でした。



うちのベランダからも見えるので



“たまちゃん” がパーティーを企画してくれました。






たまちゃんは、独立する前の会社の部下だったコで



仕事漬けでコワモテだったわたしに



唯一「飲みに連れてってくださ〜い」なんて言ってくれていた、



十年ぶりくらいに一緒に仕事をしてるデザイナーさん。






人情味があって前向きで



独学で「宅建」に合格しちゃうような努力家さん。



わたしより丁度ひとまわり年下だけど



近所の焼鳥屋さんのオトン&オカンが経営難と知れば、



メニューやチラシなどをプロデュースして



客足を増やしちゃったりする、すごいコなのです。













なので、パーティーは焼鳥屋さんのオトン&オカン、



いずれたまちゃんを紹介しようと思ってた



クライアントさんたちを招いてワイワイ楽しく開催しました♪






器用で料理の腕はプロ級のたまちゃん、



仕事漬けだったころのうちの殺風景なキッチンを覚えていて



キッチンペーパーやアルミホイル、



ふきんまで持ち込んできたのは笑っちゃったけど。^^;






楽しかったです。






たまちゃんと再び組んで仕事するようになって



仕事の楽しさも思い出しています。



たまちゃんは、わたしのプラン通りに従うことなく



「もっとこうしたら」というアイデアを盛ってデザインするので



結果、思った以上のクリエイティブが仕上がって



ワクワクするんです。



コピーライターとデザイナーの関係ってこうあるべき、の醍醐味・・・



もう何年も忘れていた気がします。






言葉は悪いかもしれないけど



マインドフルネスでは人間関係にも断捨離が必要と学びます。



長年慣れ親しんできたデザイナーさんに



突然仕事を放り出された時は困惑したけど・・・



わたしのほうも彼女の仕事ぶりに不満を持ちながら、



「仕方なく」発注している状態だったので



双方にとって良くない状況だったと今あらためて思います。






だから今は、放り出してくれたことを含めて



彼女に感謝しています。



「仕方ない関係」を断捨離してスペースを空けないと



「ベストな関係」は手に入らないっていう



マインドフルネスの教えを身を持って知ったわけですから・・・



ほんと、感謝しかないですね。






パーティーでは、



普段とってもクレバーで仕事ができるクライアントさんが



意外にもスピリチュアル好きだったり。^^



一緒にごはん食べて心から美味しいと感じられる関係や環境って



マインドフルネス的にもすごく大事!



幸せなひとときに感謝なのです。



postheadericon すべての生命が幸せでありますように。

あっというまに8月です。



暑中お見舞い申し上げます。






暑くても「暑い、暑い」と言っていると



暑さを引き寄せてしまいそうなのでグッと飲み込む日々。。^^;



チョコミントの味は好きなんだけど



クリームは重いよなぁ・・・なんて思っていたら、






セブンイレブンにチョコミントのかき氷〜 ♪



幸せ感じてしばし暑さわすれます。^^






でも冷たいものばっかり食べてないですよ。



すき焼き風の野菜炒めと生卵ごはんにのせてみたり、



タイの焼きそばだったり〜!









毎朝20分くらい瞑想して出かけると



以前は「うるさい」としか思えなかったセミが



健気に生きていることに気づいたりして



すべての生命をいとおしく感じることができます。



瞑想では高江洲薫先生の誘導(CD)に従って



「すべての生命が幸せでありますように」と願います。






気持ち平和に過ごした日は、



ご褒美みたいな夕陽だったり・・・・






自然ってすごいな、偉大だな〜って感動して



やっぱり幸せ感じるのです。



はじめに
calendar
2018年8月
« 7月   9月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

◆ピン(♂)
福岡市の繁華街で行き倒れていました。実は、天使か福の神の化身。だってピンちゃんをギュッと抱きしめて願ったことは、すべて叶ったんですもの。(株)ミス・ブランチの永久名誉会長。享年12歳。


◆コペ(18歳・♂)
ピンちゃん亡き後のウチの長男。名前を呼ぶとシッポを立
てて「ニャーン」と返事をして飛んできます。前世は忠犬だったと思われる可愛いヤツです。


◆しまじろう(6歳・♂)
線路のそばで飢えて弱ってい
たところを保護され、2009年10月にウチの子に。過酷な野良子猫時代を送ったせいで歯肉炎の持病があるものの、食欲旺盛、元気いっぱい。最近甘え上手になってきました。


◆リリー(6歳半・♀)
しまじろう君とほぼ同時に迎えたママ大好きっ子。ママが他の子をちょっとかまうのも我慢できず、大声で鳴いて抗議します。嫉妬深いところも可愛いお姫様です。


◆ルネ吉かつお(6歳半・♂)
岩手県ニャン。盛岡市の繁華街でお腹を空かせて行き倒れているところを「プチポンもりおか」のサヴァさんに救出され、縁あって2010年春、九州・福岡へ。ピンちゃんそっくりの容姿&性格で癒してくれる天使です。


◆ファミ(3歳・♀)
あの3.11以降、福島原発被災動物シェルター『にゃんだーガード』へボランティアに行って出会った、ピンそっくりの女の子。人見知り全然なし! どんな人にもイチコロでなついて甘えるモンスター級アイドル猫です。


◆金太呂(3歳・♂)
2013年4月16日の深夜、交通事故に遭って道に倒れているところを友人のイラストレーター・HAKOちゃんに助けてもらいました。どんな人にも初対面でスリスリべたべた、我が家で1、2を争うストーカーさんです。


◆ピカリ(6歳半・♂)
2013年9月、飢えてガリガリに痩せ、ひどく弱っているところを保護しました。虐待のトラウマがあり、人が棒のようなものを持っているだけで怯えます。少しずつ心身を癒し、随分 “まあるく” なっています。


◆富來(2歳・♂)
2014年12月、『どうぶつ基金』さんによって一斉TNRを行った北九州市の馬島で出会いました。手術で耳先カットされた “さくらねこ” ですが、本ニャンの強い希望により? ウチの子に迎えたストーカーさんです。