postheadericon なんちゃって猫カフェ ♪

日曜の午後・・・



月曜からの仕事のことなど考えつつ、



まったーりするひととき・・・



我が家に “なんちゃって猫カフェ” がオープンします。^^






なにしろ8ニャンもおりますもので・・・



ちょっとした猫カフェです。



この日はイケメン猫友2名様がご来店であります。^^









猫友 O クンは御歳18歳の愛猫ゴマオ君を溺愛してるだけあって



ジャラシの振り方がとっても上手!



みんにゃさんをまんべんなく遊ばせてくれます。



翌朝なかなか起きないくらい “疲れさせて” くれるので、



すごーくストレス解消になってるみたいで



助かりまする~。。^^






高齢のため(認知症?)明け方に鳴き出し、



徘徊するみたいにウロウロして落ち着きがなくなるコペじーちゃんも



朝日が射し込むまでぐっすり・・・あんまりよく眠ってるので



一瞬 “ご臨終” かと心配しました。。^^;






富來ちゃんも見よう見まねで大ハッスルなのであります。









猫友 S クンは、特に猫好きというわけではないけど



馬島の一斉 TNR で人手が足りないと言えば



すぐに駆けつけてくれたり、



先日も外ニャンのTNRでクルマを出動してくれたり・・・



“ニュートラルなボランティア精神” の持ち主で



何かと助けられています。m(__)m






飼い主たけでなく、猫ばっかりでもなく・・・



こうして時々お客様が(特に男性が)来てくれるのは、



猫たちにとって大変いいことだと思っています。






飼い主(わたし)以外の人間をほとんど見たことがなく



病院に行くのも、タクシーに乗るのも、



大ストレスだっただろう亡き愛猫ピンとの日々を反省したりしています。。









お疲れ様でした〜 ♪

 





  • まにゃ

    おお!素敵お客様ですね。

    家も、たまに娘の友達が泊りに来たり、私の友人が来たりで、簡易猫カフェになってます。
    日帰りのお客さんには姿を現さない子たちも、お泊りのときには見られますよ~w

    営業部長は、ダメチョ(アメショ)ましろコンビがいつでもやってくれます。

    ネットの友人たちも、無料猫カフェ目当てでツアー組むとか言ってますw
    猫と人との輪がそうやって広がっていくのはうれしいです。

    そして、とても幸せなことだと思います。

  • user

    まにゃさん

    わたしも まにゃさん猫カフェに

    お邪魔してみたいです ♪

    接待部長のおもてなし次第では

    猫と暮らしたことない方が

    「猫って本当に可愛い」ことに気づいたりして

    保護猫を迎えてくださったりしないかな、

    なんて考えています。

コメントをどうぞ

はじめに
calendar
2019年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

◆ピン(♂)
福岡市の繁華街で行き倒れていました。実は、天使か福の神の化身。だってピンちゃんをギュッと抱きしめて願ったことは、すべて叶ったんですもの。(株)ミス・ブランチの永久名誉会長。享年12歳。


◆コペ(18歳・♂)
ピンちゃん亡き後のウチの長男。名前を呼ぶとシッポを立
てて「ニャーン」と返事をして飛んできます。前世は忠犬だったと思われる可愛いヤツです。


◆しまじろう(6歳・♂)
線路のそばで飢えて弱ってい
たところを保護され、2009年10月にウチの子に。過酷な野良子猫時代を送ったせいで歯肉炎の持病があるものの、食欲旺盛、元気いっぱい。最近甘え上手になってきました。


◆リリー(6歳半・♀)
しまじろう君とほぼ同時に迎えたママ大好きっ子。ママが他の子をちょっとかまうのも我慢できず、大声で鳴いて抗議します。嫉妬深いところも可愛いお姫様です。


◆ルネ吉かつお(6歳半・♂)
岩手県ニャン。盛岡市の繁華街でお腹を空かせて行き倒れているところを「プチポンもりおか」のサヴァさんに救出され、縁あって2010年春、九州・福岡へ。ピンちゃんそっくりの容姿&性格で癒してくれる天使です。


◆ファミ(3歳・♀)
あの3.11以降、福島原発被災動物シェルター『にゃんだーガード』へボランティアに行って出会った、ピンそっくりの女の子。人見知り全然なし! どんな人にもイチコロでなついて甘えるモンスター級アイドル猫です。


◆金太呂(3歳・♂)
2013年4月16日の深夜、交通事故に遭って道に倒れているところを友人のイラストレーター・HAKOちゃんに助けてもらいました。どんな人にも初対面でスリスリべたべた、我が家で1、2を争うストーカーさんです。


◆ピカリ(6歳半・♂)
2013年9月、飢えてガリガリに痩せ、ひどく弱っているところを保護しました。虐待のトラウマがあり、人が棒のようなものを持っているだけで怯えます。少しずつ心身を癒し、随分 “まあるく” なっています。


◆富來(2歳・♂)
2014年12月、『どうぶつ基金』さんによって一斉TNRを行った北九州市の馬島で出会いました。手術で耳先カットされた “さくらねこ” ですが、本ニャンの強い希望により? ウチの子に迎えたストーカーさんです。