postheadericon 歓待イベント、最終回。。

福島原発被災動物シェルター『にゃんだーガード』のボラ仲間、

AKA さんが本日、約1週間の福岡ステイを終えて帰られました。

といっても門司からフェリーで2泊しての帰路なので

お家に着くのはまだまだ先でしょうけれど。。

26日は、AKA さん歓待イベント(?)のひとつ、、、

リリパパさんのご招待で九州でも屈指のお寿司の名店『やま中』本店へ。

圧倒的な白木のカウンター正面を陣取って美食三昧・・・・

もちろんお寿司のご馳走にも感謝なのですが、

それ以上にリリパパさんがお話してくださる内容の深さ、重さ・・・

いつもいつも大、大、大感動なのです!

リリパパさんは多感な少年の頃に戦争を経験された世代。

疎開先は福島・会津だったそうで・・・・

私がにゃんだー(福島)へ行くことをすごく心配してくださって。

でも、心強く応援してくださっています。

昔、貧しい時代に “鶏” がご馳走だったこと、

しかし、、、その鶏を “つぶす” 時の、幼心に受けた衝撃・・・・

だからこそ命の重さや尊さが身に染みて。

強い相手にひるまず、弱い相手にはとことん優しく、をモットーに

野良にゃんのお世話を数十年欠かさずに続けてきたこと。

一方で、豪快な仕事っぷりから生まれた数々の武勇伝は、

小説なんかより遥かに面白く、私の胸を打つのです。

出会った人たちと絆を強く育むことができたリリパパさんの、

人格そのものが私にはいつも、もんのすご〜く勉強になっています!

ただ・・・残念ながら『やま中』の写真はナシ。。

“ミシュラン” クラスの名店では、店内撮影は基本NGですからね。。。

でも、ほんとに美味しく記憶に残りましたよ。

27日は、心優しい乙女・イラストレーターのハコちゃんが、

温泉好きの AKA さんを二日市温泉へ連れてってくれましたよ。

私は仕事があったので日中はパス・・・・

夜、ゴンゾーさんやサトちんも合流して “怪しい中華” へ。

酢豚とか炒飯とか、、オーソドックスなメニューはまあまあ・・・

でも「北京ダック」と「フカヒレの姿煮」は大ハズレ。。

ザンネンでした~  (>_<)

AKA さんがゴンゾーさんの豪快な食べっぷりに、

ややビビリ気味だったのが笑えた~ ^^:

さらに、さらに、、

28日は、ハコちゃん、AKA さんと私の3人で唐津~呼子ドライブ♪

お約束のイカ活造り~!

私のヒミツの絶景スポットにもご案内しましたよ。

“サスペンスドラマごっこ” をしたくなる断崖絶壁(笑)。

女犯人「来ないでぇ~っっっ!!」

刑事「早まるんじゃないっ!」

波戸岬ではサザエのつぼ焼き屋台も要チェック!

くるんと巻いた “ワタ” が黒いのがメスで、白いのがオスだそう。

オスのほうが美味しいらしいけど、

取り出してみないとオスかメスか分からないのデス。。

波戸岬は “恋人たちの聖地” 。。

「いつかカレと来れたらいいな・・」とハコちゃん。

(がんばれ~  (^o^)/)

夜は AKA さん送別会(?)を、AKA さんお手製のモツナベで(笑)。

魔法の猫遣い T さん&棒さんご夫妻、

お仕事仲間の20代女子トリオ、マホ&ハコ、サトちん、イケメン T さん・・・

みんなでワイワイ楽しく盛り上がりましたよ。

場所は、我が事務所にて。

今朝は味噌とモツのニオイが充満してました・・・・><;

事務所の看板にゃんこ・コペちゃんは、、、

いろんな人に構われすぎて、ちょっとご機嫌ナナメ。。。

で、この1週間、、、さすがに食べ過ぎですわ~。。やばい、やばい。

それに、AKAさんが言ってました。

「福岡では太った女性を見かけなかった」ってね。

薄着の季節は目前、、、

福岡女子の威信にかけて、さあ、ダイエットしなくっちゃ~!

コメントをどうぞ

はじめに
calendar
2019年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

◆ピン(♂)
福岡市の繁華街で行き倒れていました。実は、天使か福の神の化身。だってピンちゃんをギュッと抱きしめて願ったことは、すべて叶ったんですもの。(株)ミス・ブランチの永久名誉会長。享年12歳。


◆コペ(18歳・♂)
ピンちゃん亡き後のウチの長男。名前を呼ぶとシッポを立
てて「ニャーン」と返事をして飛んできます。前世は忠犬だったと思われる可愛いヤツです。


◆しまじろう(6歳・♂)
線路のそばで飢えて弱ってい
たところを保護され、2009年10月にウチの子に。過酷な野良子猫時代を送ったせいで歯肉炎の持病があるものの、食欲旺盛、元気いっぱい。最近甘え上手になってきました。


◆リリー(6歳半・♀)
しまじろう君とほぼ同時に迎えたママ大好きっ子。ママが他の子をちょっとかまうのも我慢できず、大声で鳴いて抗議します。嫉妬深いところも可愛いお姫様です。


◆ルネ吉かつお(6歳半・♂)
岩手県ニャン。盛岡市の繁華街でお腹を空かせて行き倒れているところを「プチポンもりおか」のサヴァさんに救出され、縁あって2010年春、九州・福岡へ。ピンちゃんそっくりの容姿&性格で癒してくれる天使です。


◆ファミ(3歳・♀)
あの3.11以降、福島原発被災動物シェルター『にゃんだーガード』へボランティアに行って出会った、ピンそっくりの女の子。人見知り全然なし! どんな人にもイチコロでなついて甘えるモンスター級アイドル猫です。


◆金太呂(3歳・♂)
2013年4月16日の深夜、交通事故に遭って道に倒れているところを友人のイラストレーター・HAKOちゃんに助けてもらいました。どんな人にも初対面でスリスリべたべた、我が家で1、2を争うストーカーさんです。


◆ピカリ(6歳半・♂)
2013年9月、飢えてガリガリに痩せ、ひどく弱っているところを保護しました。虐待のトラウマがあり、人が棒のようなものを持っているだけで怯えます。少しずつ心身を癒し、随分 “まあるく” なっています。


◆富來(2歳・♂)
2014年12月、『どうぶつ基金』さんによって一斉TNRを行った北九州市の馬島で出会いました。手術で耳先カットされた “さくらねこ” ですが、本ニャンの強い希望により? ウチの子に迎えたストーカーさんです。