postheadericon 「胎内体感」を経て。

看取り士・柴田久美子先生の講座を受講するために



今月の初めに熊本へ行ってきました。



(倒壊した熊本城を間近に見た時は胸が潰れそうだった・・・)






「胎内体感」とは、



20年以上「内観」の講師をしていらした柴田先生が



それをさらに独自に発展させたもので



現在から思春期〜幼少期〜胎内にまで遡る瞑想の旅のなかで



穏やかで慈愛に満ちた心理状態になります。



「仏心を学ぶ」と言ってもいいのかもしれないです。



(内観は心理療法にも用いられています。)






わたしの場合は母との関係が改善された気がします。



自尊感情(自己肯定感)が低い人や、



引っ込み思案だったりして取り越し苦労が多いような人には、



(自信がない人とか・・・)



効果絶大なんじゃないかと思います。^^






今まで見ていた景色が違うものに見えてきて・・・



心の奥底からとても前向きなエネルギーが湧いてくる気がします。




行きと違って帰りに見た熊本城は、パワフルでした。



コメントをどうぞ

はじめに
calendar
2017年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

◆ピン(♂)
福岡市の繁華街で行き倒れていました。実は、天使か福の神の化身。だってピンちゃんをギュッと抱きしめて願ったことは、すべて叶ったんですもの。(株)ミス・ブランチの永久名誉会長。享年12歳。


◆コペ(18歳・♂)
ピンちゃん亡き後のウチの長男。名前を呼ぶとシッポを立
てて「ニャーン」と返事をして飛んできます。前世は忠犬だったと思われる可愛いヤツです。


◆しまじろう(6歳・♂)
線路のそばで飢えて弱ってい
たところを保護され、2009年10月にウチの子に。過酷な野良子猫時代を送ったせいで歯肉炎の持病があるものの、食欲旺盛、元気いっぱい。最近甘え上手になってきました。


◆リリー(6歳半・♀)
しまじろう君とほぼ同時に迎えたママ大好きっ子。ママが他の子をちょっとかまうのも我慢できず、大声で鳴いて抗議します。嫉妬深いところも可愛いお姫様です。


◆ルネ吉かつお(6歳半・♂)
岩手県ニャン。盛岡市の繁華街でお腹を空かせて行き倒れているところを「プチポンもりおか」のサヴァさんに救出され、縁あって2010年春、九州・福岡へ。ピンちゃんそっくりの容姿&性格で癒してくれる天使です。


◆ファミ(3歳・♀)
あの3.11以降、福島原発被災動物シェルター『にゃんだーガード』へボランティアに行って出会った、ピンそっくりの女の子。人見知り全然なし! どんな人にもイチコロでなついて甘えるモンスター級アイドル猫です。


◆金太呂(3歳・♂)
2013年4月16日の深夜、交通事故に遭って道に倒れているところを友人のイラストレーター・HAKOちゃんに助けてもらいました。どんな人にも初対面でスリスリべたべた、我が家で1、2を争うストーカーさんです。


◆ピカリ(6歳半・♂)
2013年9月、飢えてガリガリに痩せ、ひどく弱っているところを保護しました。虐待のトラウマがあり、人が棒のようなものを持っているだけで怯えます。少しずつ心身を癒し、随分 “まあるく” なっています。


◆富來(2歳・♂)
2014年12月、『どうぶつ基金』さんによって一斉TNRを行った北九州市の馬島で出会いました。手術で耳先カットされた “さくらねこ” ですが、本ニャンの強い希望により? ウチの子に迎えたストーカーさんです。