postheadericon 2018年4月16日

今日は牡羊座の新月。



これを前後したこの時期は「本当の自分に戻っていく」



スペシャルなタイミングなんだそうです。






本当の自分って?



むずかしく考えるとキリがなくなるけど・・・



会いたかった人に会いに行ったり、



新しいことを学びを始めると “気づき” が多い時期なんだそう。









それで、というわけでもないのだけど



一昨日は前川喜平氏と寺脇研氏の講演会に北九州まで出かけました。



会場「ウェルとばた」は800人収容ですが・・・



立ち見がでる盛況ぶりで!



(世の中すてたもんじゃない~ ^^)



直前の下関市の講演も1500人の満員だったそうです。



その日のうちに広島に移動されるとのことで



足早に会場を後にされたのですが・・・



なんと帰り、両氏が同じ車両に乗って来られて



サインを頂戴をする幸運に恵まれました♡






著書には、前川氏の文科省時代ノートパソコンの待ち受けが



チェ・ゲバラだったとあり、



10代の頃に印象に残った人物は宮沢賢治で



「世界がぜんたい幸福にならないうちは個人の幸福はあり得ない」



という言葉を今日まで強く胸に刻んで来られたそうです。



講演では、ユーリッヒ・フロム「自由からの逃走」の話もあり、



(わたしのバイブルなのです!)



感激しきりの幸福な時間でした!!!






日本の教育や文化、子どもたちの未来について



これほどまでに真剣な官僚がいたことは救いと思いますし、



その本流を断ち切ってはいけない・・・



無関心ではいられない・・・



多くの気づきや励ましをいただくころができて



力が湧いてくるようです。






そして昨日15日は、



立憲民主党の対話集会に参加させていただきました。



(本当は官邸前デモにも参加したかった〜 ^^;)






マスコミでは「目立ちたがり」などと



叩かれることも多い福山幹事長さんなのですが、



実際に生の声を聞けてよかったです。



やはり報道などで切り取られた時間のコメントだけでは、



本当の “人となり” は判断できません。



来月は「立憲アカデミーふくおか」という勉強会も始まります。



画像を追加



生まれて成人して選挙権を頂戴してから、



投票に行かなかったことは一度もありません。



だからなのか、日本の皆さんの投票率の低さが気がかりです。



市民が参政権を得るまでにどれほどの血が流れ、



どれほどの命が散ったか・・・



歴史を学べば選挙権を棄権するなんて考えられない、



そう強く思っています。






講演で前川氏がおっしゃっていました。



歴史を学べば現代社会は1920〜1930年代に似ている・・・



「戦前」の空気が色濃くなっていることがわかる、と。



漠然と不安に思うのはやめて



まず学び、できることから始めたいです。






2018年4月16日、亡き愛猫ピンの十回忌に。



(今日から立憲パートナーズもスタート!)



  • 酒井

    リセットできる時期であるならばそれを信じて、私も今年度は本来の私「描くのが大好き、喜んでもらえるのが大好き」を出していきたいと思います!

    詳しい日程や展示会タイトル等はつめているところですが、今年は「合同展(先週閉会済み)」「合同展」「」「個展」「合同展」と決まっていて、更にどこかのタイミングでワークショップ、そして日々の受注製作と頑張りたいです(^_^)
    形はどうあれ、好きを出していけたらと思っています。

    ブランチさんも精力的に動かれているとの事!いつも心から応援しています!

  • user

    画伯、ご活躍なによりです〜!^^

    いつかまた福岡にも来ていただけるといいなあ〜

    個展はどちらで開催されるのですか?

    詳しい日時が決まったらお知らせください!

    いつも応援しています!!!

  • 酒井

    福岡は、また必ずと言って良いほど、行きます!

    大好きで特別で大切な場所と人なので!

  • user

    画伯〜、ぜひぜひ!

    馬島のニャンズもお待ちしております〜^^

コメントをどうぞ

はじめに
calendar
2018年4月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

◆ピン(♂)
福岡市の繁華街で行き倒れていました。実は、天使か福の神の化身。だってピンちゃんをギュッと抱きしめて願ったことは、すべて叶ったんですもの。(株)ミス・ブランチの永久名誉会長。享年12歳。


◆コペ(18歳・♂)
ピンちゃん亡き後のウチの長男。名前を呼ぶとシッポを立
てて「ニャーン」と返事をして飛んできます。前世は忠犬だったと思われる可愛いヤツです。


◆しまじろう(6歳・♂)
線路のそばで飢えて弱ってい
たところを保護され、2009年10月にウチの子に。過酷な野良子猫時代を送ったせいで歯肉炎の持病があるものの、食欲旺盛、元気いっぱい。最近甘え上手になってきました。


◆リリー(6歳半・♀)
しまじろう君とほぼ同時に迎えたママ大好きっ子。ママが他の子をちょっとかまうのも我慢できず、大声で鳴いて抗議します。嫉妬深いところも可愛いお姫様です。


◆ルネ吉かつお(6歳半・♂)
岩手県ニャン。盛岡市の繁華街でお腹を空かせて行き倒れているところを「プチポンもりおか」のサヴァさんに救出され、縁あって2010年春、九州・福岡へ。ピンちゃんそっくりの容姿&性格で癒してくれる天使です。


◆ファミ(3歳・♀)
あの3.11以降、福島原発被災動物シェルター『にゃんだーガード』へボランティアに行って出会った、ピンそっくりの女の子。人見知り全然なし! どんな人にもイチコロでなついて甘えるモンスター級アイドル猫です。


◆金太呂(3歳・♂)
2013年4月16日の深夜、交通事故に遭って道に倒れているところを友人のイラストレーター・HAKOちゃんに助けてもらいました。どんな人にも初対面でスリスリべたべた、我が家で1、2を争うストーカーさんです。


◆ピカリ(6歳半・♂)
2013年9月、飢えてガリガリに痩せ、ひどく弱っているところを保護しました。虐待のトラウマがあり、人が棒のようなものを持っているだけで怯えます。少しずつ心身を癒し、随分 “まあるく” なっています。


◆富來(2歳・♂)
2014年12月、『どうぶつ基金』さんによって一斉TNRを行った北九州市の馬島で出会いました。手術で耳先カットされた “さくらねこ” ですが、本ニャンの強い希望により? ウチの子に迎えたストーカーさんです。