postheadericon 2019年4月16日

2009年4月16日に愛猫ピンが亡くなって10年・・・

4月(春)を、

普通に過ごせるようになってきた。。

お花見もしたし、

桜を見ても悲しくなくなったし。

もっと早くアニマルコミュニケーションを学んでたら?

いやいやいや、きっと必要な時間だったんだね。

10年かかった。。

・・・ってことは、ピカリさん10歳?

相変わらずかわいい〜

いつまでもたっても

子猫ちゃんみたいに無邪気な存在。^^

寝顔を見ているだけで

速攻しあわせになる。

宇宙一しあわせに。

新入り末っ子・宝(ぽー)も大きくなりました。

ウワサには聞いていた「ゴメン寝」

見事だ〜!

(久々のキンちゃんです^^)

久々にきれいな日の出・・・

感動〜・・・

恨みや悲しみをモチベーションに何事をなしても

しあわせにはなれないってこと・・・

ちゃんとわかるまで10年かかった。

これからはもう少し効率よく成長したいな。

亡き愛猫・ピンの11回忌に。

  • まにゃ

    マイナスな感情は+にするには、その倍の努力と根性がいりますw
    なので、マイナスな感情はいったん保留にすると、後からいろんなものが見えますよ(/・ω・)/

    この年になって、色々振り返ると・・・・あああぁぁぁ! って思うこともたくさんありますが、それらが今の自分を作っているんだと・・・w

    まだまだ未熟(;・∀・)
    人生の終わりまでにどのくらい回収できるんだろう(◎_◎;)

    仕方ないw
    来世はもう少しましな人(生き物)でありたいかなぁw

  • 公開当初からこの日記は読んでいたのに、どうコメントするか、想いはあるのにコメントにならずに止まっていました。

    私も、前の初めての猫とお別れした当時、呆然としましたが、今は、うちで居心地よさそうに寝たり遊んだりしてくれた姿ばかり思い出します。
    そして、その時の自分のあれこれも思い出します。

    猫も、人も、ひとつひとつの出会いが自分を作ってくれていると感じますし、もしかしたら向こうもそう思ってくれたかもしれません。

    お別れは悲しく呆然としましたが、今はそのおかげで進めていると思っています。

    うまくコメントにできませんでした(^_^)

  • user

    まにゃさん

    ありがとうございます。

    マイナスの感情を保留にする術が長らくわからず・・・

    自己肯定感がずごく低かったんだと思います。

    ここ最近になってやっと色んなものひっくるめた自分を

    ちゃんと認めてあげられるようになったような。。^^;

    まだまだ精進しないと・・・!

  • user

    画伯、ありがとうございます。

    今はスピリチャルを学んだりできて

    ピンを亡くしたことで絶望してしまったわたしを

    ピンがどれほど心配したいただろうかと、、

    反省して空に向かって「ごめんなさい」です。。。

    そしてあらためてちゃんと

    「ありがとう」「いつまでも愛してるよ」って

    伝えていきたいです。

コメントをどうぞ

はじめに
calendar
2019年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

◆ピン(♂)
福岡市の繁華街で行き倒れていました。実は、天使か福の神の化身。だってピンちゃんをギュッと抱きしめて願ったことは、すべて叶ったんですもの。(株)ミス・ブランチの永久名誉会長。享年12歳。


◆コペ(18歳・♂)
ピンちゃん亡き後のウチの長男。名前を呼ぶとシッポを立
てて「ニャーン」と返事をして飛んできます。前世は忠犬だったと思われる可愛いヤツです。


◆しまじろう(6歳・♂)
線路のそばで飢えて弱ってい
たところを保護され、2009年10月にウチの子に。過酷な野良子猫時代を送ったせいで歯肉炎の持病があるものの、食欲旺盛、元気いっぱい。最近甘え上手になってきました。


◆リリー(6歳半・♀)
しまじろう君とほぼ同時に迎えたママ大好きっ子。ママが他の子をちょっとかまうのも我慢できず、大声で鳴いて抗議します。嫉妬深いところも可愛いお姫様です。


◆ルネ吉かつお(6歳半・♂)
岩手県ニャン。盛岡市の繁華街でお腹を空かせて行き倒れているところを「プチポンもりおか」のサヴァさんに救出され、縁あって2010年春、九州・福岡へ。ピンちゃんそっくりの容姿&性格で癒してくれる天使です。


◆ファミ(3歳・♀)
あの3.11以降、福島原発被災動物シェルター『にゃんだーガード』へボランティアに行って出会った、ピンそっくりの女の子。人見知り全然なし! どんな人にもイチコロでなついて甘えるモンスター級アイドル猫です。


◆金太呂(3歳・♂)
2013年4月16日の深夜、交通事故に遭って道に倒れているところを友人のイラストレーター・HAKOちゃんに助けてもらいました。どんな人にも初対面でスリスリべたべた、我が家で1、2を争うストーカーさんです。


◆ピカリ(6歳半・♂)
2013年9月、飢えてガリガリに痩せ、ひどく弱っているところを保護しました。虐待のトラウマがあり、人が棒のようなものを持っているだけで怯えます。少しずつ心身を癒し、随分 “まあるく” なっています。


◆富來(2歳・♂)
2014年12月、『どうぶつ基金』さんによって一斉TNRを行った北九州市の馬島で出会いました。手術で耳先カットされた “さくらねこ” ですが、本ニャンの強い希望により? ウチの子に迎えたストーカーさんです。