postheadericon 「看取り士」になって、本当に良かった。

看取り士になって約2カ月半が過ぎました。




実質的な活動はほとんどできていませんが・・・^^;








看取り士の研修は、




インナーチャイルドの傷を徹底的に癒すようなこと、




から始まります。




過去の辛かった出来事やトラウマから解放されて




本来の自分を取り戻すこと、




けっこう(かなり?)大事なことなんですね。








そうすると一体どういうことが起きるかというと・・・




心身が健康になります。




たましい(感情)も前向きに、平穏になるのかもしれません。




体調が良くなればもちろん、




心の奥底がスッキリ、晴れ晴れします。^^








心が晴れ晴れすると




誰か何かを嫌ったりとかっていうマイナス感情(?)が、




洗い流されていく気がしてきます。








そういう状態を楽しんでいると




さらに幸せを感じられるようになっていく気がします。








そうして万事に感謝し、




今ここにある幸せを満喫していると・・・




ビックリするような奇跡が起こることもあると聞いていましたが、




どうやら事実です。








たましい=感情というものは、




物理的なエネルギー(波動・磁気)を有している・・・




すでに多くの方がご存じのことと思います。








「イエス・キリストの手かざしで不治の病が治った」




これもエネルギー(波動・磁気)のなせる奇跡なのだそうです。








でも奇跡を望むなら、




「磁気共鳴」が起きなければならないそうです。




簡単に言うと




奇跡を起こすイエスのエネルギーを




救われたいと願う人が一点の曇りもなく「信じて」いて、




互いのエネルギー(磁気)が共鳴し合う、




という状態です。




はなから疑ってかかる人に奇跡は起きない、




ということかもしれません。





また、こんな実験もあったそうです。




たくさんのシスターが祈った場合と、そうでない場合の治療効果は・・・




前者が圧倒的とありました。





宗教や信仰に例えると堅苦しく難しい気もしますが・・・




要は、「莫迦みたいに信じる」ことができればいい、ということ。








それならわたしにもできそう・・・




そう思いませんか?




柴田久美子先生と出会った時に「この人は信じられる」




そう直感的に思いました。




おっしゃっていることは当初さっぱりわからなかったけれど・・・^^;




莫迦みたいに信じて良かった。




看取り士になって本当に良かった、




心からそう思います。








看取り学は素晴らしいです。




毎日、だれにでもできる簡単なことの積み重ねで




どんどん幸せになっていきます。




たまに奇跡も起きます(しまちゃんに奇跡が起こったんです!)。^^








これからちょっとずつですがご紹介していきたいと思います。
  • めいちゃんママ

    こんにちは。
    その節はいろいろなアドバイスをありがとうございました。
    めいを見送り、自分のからだの半分がなくなったような、そんな喪失感を感じながらですが。2ヶ月、なんとかなんとか生きてきました。
    今の私を支えているのは、めいが生まれ変わって帰ってきてくれるという想いだけかもしれません。

    看取り士という資格にも興味を持っています。
    まだ講習会に行けるまでの気力体力はないのですが、いつかそういう機会があれば行ってみたいです。

    奇跡が起きるのですね。お話、楽しみにしています。
    生まれ変わりは奇跡なのでしょうか。
    私のブロ友さんで生まれ変わりのわんちゃんを迎えた方がいるので、私はもっと身近に起こりうることと信じています。
    すみません。ペットロスの記事ではなかったのに、私の想いを書かせていただきました。

  • user

    めいちゃんママさん、お久しぶりです。

    ご心中お察しいたします。

    看取り学・・・素晴らしい世界が広がります。

    11月5〜9日は創始者・柴田久美子先生直々の講義が

    鳥取で開催されるようです。

    わたしには、いくつもの奇跡が起こりました。

    お試しに「一日胎内体感」というものが

    全国各地で開催されていますのでおすすめいたします。

    「生まれ変わり」をわたしも信じています。

    現在の愛猫ピカリは、亡き愛猫ピンの生まれ変わりだと。^^

    姿かたちは全く違うのに

    奇跡のような不思議な巡り合わせでした。

    めいちゃんと再会できるといいですね。

    また、めいちゃんもさぞかしママさんを心配していると思います。

    お元気になられますよう、心からお祈り申し上げます。

コメントをどうぞ

はじめに
calendar
2017年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

◆ピン(♂)
福岡市の繁華街で行き倒れていました。実は、天使か福の神の化身。だってピンちゃんをギュッと抱きしめて願ったことは、すべて叶ったんですもの。(株)ミス・ブランチの永久名誉会長。享年12歳。


◆コペ(18歳・♂)
ピンちゃん亡き後のウチの長男。名前を呼ぶとシッポを立
てて「ニャーン」と返事をして飛んできます。前世は忠犬だったと思われる可愛いヤツです。


◆しまじろう(6歳・♂)
線路のそばで飢えて弱ってい
たところを保護され、2009年10月にウチの子に。過酷な野良子猫時代を送ったせいで歯肉炎の持病があるものの、食欲旺盛、元気いっぱい。最近甘え上手になってきました。


◆リリー(6歳半・♀)
しまじろう君とほぼ同時に迎えたママ大好きっ子。ママが他の子をちょっとかまうのも我慢できず、大声で鳴いて抗議します。嫉妬深いところも可愛いお姫様です。


◆ルネ吉かつお(6歳半・♂)
岩手県ニャン。盛岡市の繁華街でお腹を空かせて行き倒れているところを「プチポンもりおか」のサヴァさんに救出され、縁あって2010年春、九州・福岡へ。ピンちゃんそっくりの容姿&性格で癒してくれる天使です。


◆ファミ(3歳・♀)
あの3.11以降、福島原発被災動物シェルター『にゃんだーガード』へボランティアに行って出会った、ピンそっくりの女の子。人見知り全然なし! どんな人にもイチコロでなついて甘えるモンスター級アイドル猫です。


◆金太呂(3歳・♂)
2013年4月16日の深夜、交通事故に遭って道に倒れているところを友人のイラストレーター・HAKOちゃんに助けてもらいました。どんな人にも初対面でスリスリべたべた、我が家で1、2を争うストーカーさんです。


◆ピカリ(6歳半・♂)
2013年9月、飢えてガリガリに痩せ、ひどく弱っているところを保護しました。虐待のトラウマがあり、人が棒のようなものを持っているだけで怯えます。少しずつ心身を癒し、随分 “まあるく” なっています。


◆富來(2歳・♂)
2014年12月、『どうぶつ基金』さんによって一斉TNRを行った北九州市の馬島で出会いました。手術で耳先カットされた “さくらねこ” ですが、本ニャンの強い希望により? ウチの子に迎えたストーカーさんです。