postheadericon きっとできる!

昨年9月からアニマルコミュニケーションを学び始め、



しかし直後の10月に愛猫しまじろう君が旅立ち・・・



もともとしまちゃんの望むケアをしてあげたいと思ったことが



アニマルコミュニケーションのきっかけだったので



モチベーション撃沈でした。。。






それから年が明けて高江洲先生に過去世を視てもらう頃までは、



授業にも全然身が入らず・・・



決して良い生徒とは言えない状況で。。。






そんなある日、1月か2月の寒い日の授業で



いつものようにグランディングという瞑想法をやった後で



キンキンに冷えた手足の先が、



一瞬のうちにぽかぽか温まっていくのを感じました。



その晩は先生の言いつけを守ってグランディング後に就寝して



翌朝は肩こりがすっきりでした。



先生の言葉を聞きながらも心のどこかに



「わたしにできるようになるのか」という不安な気持ち、



= 自身の可能性を疑う気持ちがあったのでしょう。



グランディングの効果を身を持って知り、



ようやくエンジンがかかり始めたのでした。






アニマルコミュニケーションでは、



グランディングで自身のオーラを整え



エネルギー波動を清め高めて



動物さんとハートでコミュニケーションするので



グランディングは基本なのです。



(最近ではヒラニヤガルバなども学んでいます。)






不思議なことに朝グランディングをやると



「めざましテレビ」のめざましジャンケンで負けません。



目を閉じると色が見えるので



その色のボタンを押せば勝つんです。



色は、はっきり見える時とそうでもない時があって



後者の場合は負けることもあるのですが・・・



かなり高い勝率になっています。^^






そんなある日、空耳かもしれないですが・・・^^;



いつものように夜リビングで寝落ちしかけていたら、



聞こえたんですよね。



「お母さん、またこんなところで寝て」って。。。?



ハッとして顔を上げると



ファミちゃんは丸くなって寝ていたけど



あとの3ニャン、ピカリ・宝・ルネはガン見していて。。。?



きっと誰かが言ったのを感じたと思っています。



  
高江洲先生もある日突然、



動物さんたちの声が聞こるようになったとおっしゃっているので



なんだか俄然ヤル気になっています。






マインドフルネスは、



今ここにいることに幸せを感じてリラックスし、



「どうせ自分なんかにできっこない」という



自己を否定するメンタル(感情)を手放すことから始まります。



そこから「きっとできる」という確信が生まれ、



信じて微塵も疑わないメンタルが高まれば高まるほど



願望したことは叶いやすくなるそうです。






実は、「助けたい」「救いたい」という感情も



マイナスの波動を持っているらしく・・・



そういうマイナス波動が「救わなければならない存在」を



あえてつくってしまうことがあるそうです。



しまちゃんを救いたい・・・じゃなく、



共に幸せになることを願い笑顔で暮らすことが



しまちゃんの願いでもあったんですね。。






最近、猫友さんの引越をお手伝いした時には、



飼い主さん意外には気難しい猫さんがでてきてくれて



スリスリしてくれたうえに触らせてくれて



飼い主さんもビックリでした。^^









猫友さんの広いベランダに設置された



猫さん用のサンルームです。






気難しい野良猫さんとも話ができたらいいなあ、



お互いの幸せのために・・・



「きっとできるようになる!」



希望が湧いてきています。









相手の幸せを願い共に幸せになることを願うことで叶う、



マインドフルネスは量子物理学でも実証された



科学的な学問でもあります。



高江洲薫先生のアニマルコミュニケーションに出会えたことに感謝し、



幸せを感じています。






しまちゃんの月命日に。



  • まにゃ

    猫たちの声、聞こえたら嬉しいですね。

    私は修行が足りないので、猫たちが人語をおぼえようと必死に話しかけてくれますw
    まんま と ママ の違いが言葉として出てきているウチの猫の努力は素晴らしい(◎_◎;)

    私も、もう少しちゃんと猫と向き合わねばいけないですね。
    でも、このご飯キライとか、病院いやだって言ってるでしょとか、片付いてないんだけど色々~とか、文句は聞きたくないので・・・悩みます(;^_^A

    試行錯誤しながら、寄り添って生きていけるといいな~(*’▽’)

  • user

    まにゃさん・・・^^;

    高江洲先生の病院に来た子たちも、

    きのうパパとママがケンカしちゃったこととか

    家庭内事情をバラしちゃったりして。。。

    ママさんが「先生に余計なお喋りしないの!」って

    あせってたりするの見ます〜

    文句ばっかり言われるのも考えものですねどね〜・・・

    でもやっぱり一番大切なことが聞けるなら!と

    励んでおりまする。。。

コメントをどうぞ

はじめに
calendar
2018年7月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

◆ピン(♂)
福岡市の繁華街で行き倒れていました。実は、天使か福の神の化身。だってピンちゃんをギュッと抱きしめて願ったことは、すべて叶ったんですもの。(株)ミス・ブランチの永久名誉会長。享年12歳。


◆コペ(18歳・♂)
ピンちゃん亡き後のウチの長男。名前を呼ぶとシッポを立
てて「ニャーン」と返事をして飛んできます。前世は忠犬だったと思われる可愛いヤツです。


◆しまじろう(6歳・♂)
線路のそばで飢えて弱ってい
たところを保護され、2009年10月にウチの子に。過酷な野良子猫時代を送ったせいで歯肉炎の持病があるものの、食欲旺盛、元気いっぱい。最近甘え上手になってきました。


◆リリー(6歳半・♀)
しまじろう君とほぼ同時に迎えたママ大好きっ子。ママが他の子をちょっとかまうのも我慢できず、大声で鳴いて抗議します。嫉妬深いところも可愛いお姫様です。


◆ルネ吉かつお(6歳半・♂)
岩手県ニャン。盛岡市の繁華街でお腹を空かせて行き倒れているところを「プチポンもりおか」のサヴァさんに救出され、縁あって2010年春、九州・福岡へ。ピンちゃんそっくりの容姿&性格で癒してくれる天使です。


◆ファミ(3歳・♀)
あの3.11以降、福島原発被災動物シェルター『にゃんだーガード』へボランティアに行って出会った、ピンそっくりの女の子。人見知り全然なし! どんな人にもイチコロでなついて甘えるモンスター級アイドル猫です。


◆金太呂(3歳・♂)
2013年4月16日の深夜、交通事故に遭って道に倒れているところを友人のイラストレーター・HAKOちゃんに助けてもらいました。どんな人にも初対面でスリスリべたべた、我が家で1、2を争うストーカーさんです。


◆ピカリ(6歳半・♂)
2013年9月、飢えてガリガリに痩せ、ひどく弱っているところを保護しました。虐待のトラウマがあり、人が棒のようなものを持っているだけで怯えます。少しずつ心身を癒し、随分 “まあるく” なっています。


◆富來(2歳・♂)
2014年12月、『どうぶつ基金』さんによって一斉TNRを行った北九州市の馬島で出会いました。手術で耳先カットされた “さくらねこ” ですが、本ニャンの強い希望により? ウチの子に迎えたストーカーさんです。